みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

基礎から学ぶ虫歯の概念

身近な「虫歯」、そもそも虫歯ってなに?

私たちの口の中には、人間にとって良い菌や悪い菌がさまざまに住んでいます。「虫歯」とはいえ、そもそも何がどう影響して虫歯となるのか?その基本概念をご存知の方は以外と少ないものです。

虫歯の概念、定義

虫歯とは、食べ物に含まれる糖分から口の中に発生する酸によって、歯が溶かされ欠損する感染症のことです。

口の中にはさまざまな細菌がいますが、なかでも虫歯の原因とされる細菌が「ミュータンス菌」です。ミュータンス菌は食べ物に含まれる糖分を栄養とし、プラーク(歯垢)を形成します。プラークでは無数の細菌が増殖し、発生する「酸」が歯の成分であるエナメル質を溶かし虫歯になります。

虫歯の進度、症状

虫歯の進行には段階があり、症状の軽いものからC0、C1、C2、C3、C4と、5段階に分けられます。以下に、それぞれの症状の進行具合を図で説明します。

C0

歯の表面が脱灰し、溶け始めた状態です。痛みはありません。健康な歯には透明感がありますが、脱灰が起こると白っぽくなります。以前は削るなどの治療を行っていましたが、現在ではフッ素の塗布により再石灰化が期待されるため、削る治療は行っていません。

C1

エナメル質の侵された段階です。歯の表面の限られた部分が、灰白色や茶褐色、黒褐色に変色し、エナメル質に穴が空きます。まだ痛みはなく、麻酔も不要です。削って虫歯を取り除き、レジンを詰めます。

C2

虫歯が歯の内部に到達し、象牙質が侵された段階です。甘いものや冷たいものを口にすると痛みが生じます。局所麻酔して治療し、インレーという詰め物をしたり、クラウンで全体に被せものをすることもあります。

C3

虫歯が神経まで達し、歯髄が侵された症状です。熱いものがしみたり、何もしなくても痛みを生じることもあります。神経と炎症の起きている部位を取り除く根管治療が必要となる場合もあります。インレーを使用することはほとんどなく、土台をセットした上で歯全体を覆うクラウンを被せます。 

C4

激しい痛みの続いた後そのまま放置し、痛みがなくなった状態です。歯髄の炎症により、痛みを感じる神経そのものが壊死してしまい、痛みを感じることがなくなります。歯冠部がほとんど崩れ根だけが残っていますが、根の部分には炎症が起こり膿が溜まっています。この時期は治療の麻酔も効きにくく保存治療も困難となり抜歯する場合もあります。

対策と治療

C0からC2までの小さな虫歯なら、治療も早く費用も安く済みます。虫歯は、詰め物や被せ物で治療しても再発の恐れがあり、歯の寿命も縮まり体全体の健康にも悪影響を及ぼします。進行が進むほど、治療の期間も長くなり費用も高くなるので、早めのケアと「予防治療」に心がけてください。

まずは虫歯にならないために、細菌による酸を引き起こすプラーク(歯垢)を除去することを意識しましょう。ご家庭での正しいブラッシングで日々生成される歯垢を除去し、まずは虫歯にならない生活習慣を身につけることが重要です。

しっかりと歯磨きをしても悪化するなど、改善が見られない場合は早めに歯医者で診てもらうことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です