みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

本当に怖い歯周病の話

歯周病の本当の怖さをご存じですか?

みなさん「歯周病」がどんな病気かご存知でしょうか?
歯や歯ぐきに影響の出る病気という事まで知っている方は多いと思います。しかし、実はそれだけにとどまらないのです。そんな歯周病の怖さについて今回は紹介していきます。

歯周病とは

歯周病とは、歯垢の中の細菌により歯肉が炎症を起こし、歯を支えている骨を溶かしていく病気です。進行すると、支えている骨が無くなって歯を失うだけでなく、体全体へも影響をおよぼすことになります。歯のぐらつきや出血など自覚がないから大丈夫、と思っていても実は歯周病に侵されていたというケースも少なくありません。CMやメディアでもよく目にする「歯周病」というキーワードについて、この機会にもっと身近なものとして意識してみてください。

歯周病がもたらす健康への影響

まさか歯の病気から全身にまで、と驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、近年歯周病が及ぼす健康への影響は大きく注目されています。歯周病治療によって改善した体の病も多く、歯周病菌の及ぼす影響にはどのようなものがあるのか、その一部をご紹介していきます。

・心臓疾患、脳血管疾患

心筋に血液を送る血管が狭くなったり塞がったりしてしまうことで血流が止まり、最終的には死に至ります。これまで、生活習慣(ストレスや食生活)が原因とされてきましたが、最近別の原因として、歯周病による細菌感染が注目されています。
歯周病の原因菌が歯を通して体全体に巡ることで動脈硬化を引き起こし、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患をはじめ、脳梗塞など脳疾患を誘発することもあります。

・誤嚥性肺炎

脳血管障害を持つ高齢者などに多く見られる症状で、食べ物や異物が肺や気管に誤って入ることで発症する肺炎のことです。歯周病菌の多くがこの肺炎を引き起こす原因と言われています。

・糖尿病

歯周病は、糖尿病の合併症と言われてきました。
最近では、歯周病が糖尿病を悪化させることも明らかになっています。
細菌の細胞壁に含まれる内毒素が、血糖値に悪影響を及ぼします。

・妊娠への影響も

女性ホルモンは歯周病菌の栄養素になります。そのため、妊娠中の女性は女性ホルモンが増加し、歯周病になりやすいとされます。また、歯周病菌が生理活性分泌に影響を及ぼすことで、早産のリスクが高くなることもあります。

・骨粗相症

骨密度の低下により骨折しやすくなる骨粗相症は、女性に多い病気のひとつです。
骨代謝に関わるエストロゲンの分泌が、卵巣の機能低下により減少します。
エストロゲンの分泌低下により体全体の骨がもろくなり、歯を支える骨にも影響をおよぼします。

まとめ

歯の周辺だけでなく、あなたの体全体に影響を及ぼすかもしれない「歯周病」を防ぐために、毎日の歯ブラシによるケアや歯医者での定期的なメンテナンスに心がけましょう。歯周病と一言でいってもその自覚症状は千差万別。少しでも違和感を感じた場合は歯周病の可能性を疑い、専門医にご相談することが将来の健康への第一歩となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です