みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

虫歯が体に及ぼす深刻な影響

体の不調、実は虫歯が原因かもしれません

虫歯といえば歯の病気で、歯や歯茎など口の中に限って悪影響を及ぼすものと考えられているのではないでしょうか。しかし、虫歯を原因とした体全体に悪影響を及ぼす病気も明らかとなってきました。虫歯といえば誰でも起こりうる可能性のある病気のため、その影響・危険性については軽視されがちなものです。

虫歯ができるしくみ

そもそも虫歯とは、菌が出す酸が歯を溶かしてしまうこと。お菓子などに多く含まれている糖分が影響しています。糖分を摂取しすぎると菌を活性化させてしまう上、歯垢を多く作ってしまいます。歯垢の中で菌が酸化し虫歯になっていくというしくみが出来上がります。

自宅でできる手軽な予防法として

そもそも虫歯にならないために、こまめに歯磨きを意識している方も多いようです。そこで日々の対策として重要なのができてしまった「歯垢の除去」。糖分を摂取しないわけにもいきません。さらに歯垢を完全に取り除くことは難しいかもしれませんが、歯垢をなるべく減らすことで菌が酸を作り出す環境を減らすことができるため虫歯になりにくい環境を目指すことができるでしょう。定期的な歯医者での歯垢除去もおすすめです。

体内にまわる細菌

虫歯は歯の病気ですが、血管を含んだ歯髄を通して細菌が口から全身へ流れ出し、体内のいたるところに毒素が回ります。人間の体内は血液で満たされており、血管は体のすみずみまで張り巡らされているため、血液内の細菌は体内のあらゆる臓器に感染する恐れがあります。

一度できてしまった虫歯の放置も危険です。初期段階、進行前であれば比較的治りの早い虫歯もありますが、多くの方のケースが痛みなど自覚症状を伴ってから歯医者に駆け込むというもの。虫歯菌が体内に回る前に、早い段階での治療をおすすめします。はっきりとした自覚症状を感じる前に、少しでも違和感があれば自ら気づいて通院を決断できると良いものです。

虫歯の全身への影響

虫歯の細菌は全身にどのほうな影響を及ぼすのでしょうか?

全身に細菌がまわることにより、心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎、早産、低体重児出産、骨粗鬆症、メタボリックシンドロームなどの発症率が高まります。歯を失うことは、認知症の発症にも関係しています。狭心症や心筋梗塞は心臓への冠状動脈の動脈硬化によって発症しますが、歯周病菌が侵入することで血栓ができやすくなります。これが脳で起こると脳梗塞や脳出血の発症要因となります。

たかが虫歯と安易に捉えず、虫歯にはこのような危険性が含まれていることを頭に入れ日々の生活を送ることが重要です。

生活習慣と虫歯

生活習慣と虫歯や歯周病にも大きな関連があり、歯の問題を抱える人はメタボリック・シンドロームになりやすいことも明らかとなっています。食べ物をよく噛むことによって、歯と歯茎の間にある「歯根膜」に刺激が伝わり、脳に噛みごたえを伝え満腹中枢を刺激し、食事量が減少します。虫歯が原因で歯の土台に問題が発生すると、あまり噛まなくなるために満腹中枢が刺激されなくなり食べすぎて太りやすくなります。

同時に虫歯の原因でもある糖分の摂取が多くなってしまう可能性も。無意識に摂取してしまいがちな日々の食事ですが、歯の健康・しっかりと噛むことを意識し取り入れてみましょう。

まとめ

虫歯は歯だけの問題と思われがちですが、放置すると全身のさまざまな病気の原因となります。先に挙げた以外にも、妊娠中の早産や認知症などにも影響することが明らかとなっています。生活の質向上のためにも長期的な健康維持のためにも、虫歯の予防と治療に関心を持ち生活しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です