みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

子供の歯磨きハウツー 3歳児編

3歳児に適切な歯磨き方法をご存知ですか?

子どもは、一般的に3歳6カ月程度で上下20本の乳歯が生えそろうと言われています。この時期の歯は柔らかくて虫歯になりやすく虫歯の進行も速いので、歯磨きを中心とした日ごろのデンタルケアが重要です。

自分で歯磨きする習慣づけ

3歳は自我がしっかりする時期なので、自分で何でもやりたいと訴えるお子さんも多いでしょう。歯磨きもその1つです。自主的に歯磨きをしたがるこのチャンスを逃す手はありません。

まず自分用の歯ブラシを持たせ、毎食後に歯磨きをする習慣を身につけてあげましょう。お子さんの歯磨きを見て、指摘したいことが出てくると思いますが、まずは見守り、終わったら一人で出来たことを褒めてあげましょう。

お気に入りのキャラクター歯ブラシも◎

大好きなキャラクターなどの歯ブラシを一緒に買いにいくのもよいでしょう。自分で決めたアイテムを日々使用し、お気に入りの自分専用の歯ブラシを手にとる習慣からまずは初めてみましょう。ママやパパから歯磨きを褒めてもらえる、アイテムに興味を持ってもらえると、お子様は自信がつき自ら率先し行動できるようになるかもしれません。

歯磨きのやり方を丁寧に教える

3歳の子どもに最初から正しい磨き方は分からないでしょう。自分で歯磨きをする習慣づけが出てきたら、徐々に正しいブラッシング方法を教えていきましょう。

ゴシゴシ横にスライドさせる磨き方をするお子さんが多いと思いますが、まず1本1本磨くことを教えます。その際、表面だけでなく上下左右の奥歯や歯の裏側も磨くことを伝えます。

「左の奥の歯を磨いてごらん」など、具体的な場所と歯ブラシの動かし方を伝えながら、自分で磨かせましょう。磨き終わったら「上手にできたね」など忘れずに褒めてください。

歯磨き時間はどれくらい?

歯の本数や生え方などによっても汚れを落とすまでにかかる時間は異なりますが、まずは3分を目安に取り組んでみましょう。初めのうちは難しいかもしれません。子供はなかなか3分もの間、じっとはしれいられないもの。徐々に歯磨き時間を延ばしていけるよう、「バイキンさんばいばい!」などお子様が楽しくなる声かけを行うご家庭も多いようです。休憩を挟みながら行うのもポイント。手鏡を持たせ自分でチェックできるのも自主性が芽生える一つの重要な要素となるはずです。

仕上げ磨きで、磨き残しをチェック

お子さんが一通り歯磨きができるようになっても、磨き残しがあります。必ずお母さんお父さんが仕上げ磨きをしましょう。

お子さんの頭を膝にのせ、仰向けの状態でお口を大きく開けてもらうことで、仕上げ磨きはやりやすくなると思います。「上手に磨けているね」など言葉をかけながら行うと、気が散ってしまいがちなお子さんにも仕上げ磨きをしやすくなります。

仕上げ磨きはやさしく

鉛筆を持つように歯ブラシを軽く握り、細かくやさしく動かします。ゴシゴシ強く磨いてしまうとお子さんが痛がり、歯磨きが嫌いになってしまうかもしれません。また、歯や歯茎を傷つけてしまう可能性もあるので注意しましょう。

歯ブラシを持っていない手でやさしく唇を広げてあげると、歯と歯茎の間の汚れをチェックしやすくなります。

上の前歯の裏や奥歯も忘れずに

下の歯は見やすいので、仕上げ磨きのとき磨き残しが最初に磨かれることが多いと思います。一方、だ液が汚れを流し虫歯になりにくい下の歯は、最後に軽く磨く程度で構いません。

磨きにくいのは上の前歯の裏や奥歯です。上の前歯の裏は歯ブラシの毛先をたてにあてるなどして丁寧に磨きましょう。力を入れすぎると汚れは落ちにくくなるので、やさしく磨いてあげてください。
また、奥歯は形が複雑でとても磨きにくいと思いますが、歯ブラシを溝にこするように細かく動かしましょう。

利き手の反対側の磨き残しもチェック

大人であれば意識し磨きにくい部分も念入りに磨くよう心がけることができますが、3歳頃のお子様はまずは歯磨きの習慣付けが重要となります。なるべく楽しく、毎日自ら取り入れてもらいたいもの。利き手で磨く場合、大人の場合でも無意識に反対側の歯にはブラッシングが行き届きにくいものです。仕上げの際はどの場所の磨き残しが多いのか、何を食べたらつまりやすいのかなどお子様の傾向をチェックできる良い機会となるでしょう。

まとめ

お子様が磨きにくいのは上の前歯の裏や奥歯などです。上の前歯の裏は歯ブラシの毛先をたてにあてるなどして丁寧に磨きましょう。力を入れすぎると汚れは落ちにくくなるので、やさしく磨いてあげてください。
また、奥歯は形が複雑でとても磨きにくいと思いますが、歯ブラシを溝にこするように細かく動かしましょう。

まずは毎日の歯磨きを楽しく、大きくなるにつれ歯磨きの重要性を身につけながら上手にブラッシングができるように親御さんも上手にサポートをされてください。