みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯の根の治療、根管治療(歯内療法)とは?

歯の根の治療である根管治療(歯内療法)についての基礎知識

歯の「根管治療」この治療名自体、あまり馴染みのない言葉に感じます。
虫歯などの外傷によって、歯の内側が細菌感染を受けたときに生じる、歯の痛みに対して行う治療です。
根管治療しなくてはならない歯の症状や、どんな治療を行うか、歯の根管治療についての基礎知識を解説していきます。

根管治療とは?

歯の内側には、歯髄と呼ばれる神経や血管があり、それらが通っている管を根管と言います。
歯が虫歯などの外傷で歯髄が炎症や感染を起こしてしまうと、ひどい歯の痛みや、歯肉が腫れるなどの症状が起こり、更に根まで進行すると、歯でかんだり、歯を押したりすることで痛みが起こり、歯茎から膿が出て来るなどの症状が起きます。
そんな状態の歯を元の噛める状態に治すために根管治療は行われます。
一般的には「歯の神経の治療する」と言われることがあり、「神経を抜く」という言葉を、かかりつけの歯医者さんで、治療の際に耳にしたことがあると思います。

どんな治療を行うのか?

治療前の準備(唾液が入らないようにする)

まずはじめに、適切な治療を行うために、レントゲン撮影で虫歯の状態を確認します。
虫歯の状態を把握し、治療に入っていく前に局部麻酔を行います。
麻酔が効いてきた後に、根管内に唾液が入らないようするための処置を行います。
唾液には、見えない汚れや細菌などが含まれています。
そのため、唾液が根管内に入ってしまうと、そこから細菌が繁殖してしまい、再治療になってしまうことがあります。

根管の掃除と殺菌

虫歯などで汚染された歯髄を取り除いた後、根管の掃除を行います。
掃除完了後、根管内を洗浄する薬品で洗浄していき、殺菌していきます。

根管内に詰め物を詰める、銀歯などをかぶせる処置

根管内の殺菌が完了したら、再び感染しないために、根管内に詰め物を隙間なく詰めていきます。
根管の隙間を詰め物でしっかりと満たした後、銀歯などの金属の被せ物で補強していき、歯の内側を塞いでしまいます。
以上が根管治療の工程です。

治療期間は?

治療期間は、その時のはの症状などで変わってきますが、平均で2回から4回の通院回数内の治療で終わります。
治療期間が回数が増える理由として、歯の根管の数は、人によって1〜4本と個人差があります。
そのため、数が多いとそれぞれの根管に治療を施さなければならないので、治療に時間がかかってしまう場合があります。
また、長い間痛みなどの症状が出ているにも関わらず、我慢してしまうことで細菌の汚染が進んでしまい、治療時間が増えてしまうことがあります。
そうならないためにも、異変に気づいたら早めの受診をおすすめします。

治療費はどのぐらいか?

保険適用(3割負担)場合の治療

治療期間で金額に前後はありますが、約1500~3000円です。
この金額には、

  • 治療費
  • レントゲン撮影
  • 神経切除の処置
  • 消毒処置かぶせ物(銀歯など)をかぶせる処置

が含まれています。

保険適用外治療の場合

保険適応内治療以外に、質の高い治療器具と高い技術で成功率の高い根管治療も存在します。
しかし費用は1本約10万円と高い金額になってしまいます。
ここでは、どのような治療が行われるか紹介していきます。

ラバーダム

治療する歯とそれ以外の歯を隔離し、唾液の侵入を防ぎながら、丁寧な消毒処置が行える薄いゴム膜です。

マイクロスコープ

肉眼では確認しづらい処置をした根管の内部を、ミクロレベルで診断することができる顕微鏡です。
これにより正確な判断と、再発しにくい精度の高い治療をすることが可能です。

まとめ

日々進歩している根管治療。
求めれば、保険適応外でラバーダムやマイクロスコープなど、精度の高い治療を受けることも可能になりましたが、保険適応内でも十分な治療を受けることができます。
歯に違和感を感じたら、我慢せずにすぐにかかりつけ歯医者へ診せに行きましょう。
早ければ早いほど、時間も費用も抑えることができます。