みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

意外と知られていない予防歯科の必要性!

虫歯になる前の予防歯科の基礎知識と必要性

「予防歯科」という言葉はCMなどで聞いたことがあると思います。しかし、具体的に予防歯科がどのようなものなのか知らない方もいるかもしれません。虫歯になる前に予防が必要な理由。そのひとつは歯を削るなどの治療をすると歯自体が弱くなってしまうという事実があるからです。

予防歯科とは

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってからの治療ではありません。歯磨きなどの毎日の歯のお手入れや定期的な歯科検診・治療をしていくことで、あらかじめ虫歯や歯周病を予防し、健康な歯を保とうとする考え方です。

予防歯科は大きく分けて2種類

予防歯科には自分自身で行う「セルフケア」と歯医者さんと一緒に行う「プロケア」があります。セルフケアとプロケア。両方行うことで大切な自分の歯を虫歯や歯周病から守ることができるのです。

自分でできる予防歯科(セルフケア)

セルフケアの基本は毎日の歯磨きです。正しい歯磨きの仕方で丁寧に磨くこと。これが大切です。磨き残しや歯垢などの汚れを残さないようにしたいですね。しかし、歯磨きだけでは限界があります。歯と歯の隙間はデンタルフロスで、口内にいる細菌の繁殖はデンタルリンスやマウスウォッシュで防ぎましょう。

歯医者さんとともに行う予防歯科(プロケア)

歯に関するプロ、歯医者さんや歯科衛生士と行うケアには「セルフケア指導」「お口のクリーニング」「フッ素塗布」などがあります。まずは正しい歯磨きをマスターすることでセルフケアの効果をさらに上げたいですね。自分ではできない歯石除去は定期歯科検診で行ってもらいましょう。フッ素塗布は歯の表面に定期的にフッ素を塗っていくことで、虫歯を予防する効果が期待できる施術です。

予防歯科の必要性

一通り治療が終わった後に「三ヶ月後にまたきてくださいね」と言われた経験ありませんか?治療が終わったばかりなのに「なぜ、また通院しなければいけないの?」と思った方もいるかもしれません。

歯は治療するたびに悪くなる

一般的な歯の治療として皆さんが想像するのは虫歯を削る治療ではないでしょうか。虫歯になった箇所を削り、金属の詰め物や被せ物をする。治療をしたことで歯が丈夫になったと感じていた方もいるかもしれません。しかし、歯は削れば削るだけ弱くなります。ということは同じ歯の治療回数が増えれば、その歯自体が弱くなりますし、再治療を何度も繰り返すと削る所がなくなり、歯を抜かねければなりません。治療した歯が再び虫歯にならないために、予防することが必要です。

歯磨きだけでは限界がある

歯磨きは歯を守るために重要です。しかし、歯磨きだけでは虫歯や歯周病を防げない事実もあります。お口の中の”ヌメヌメ”。これはバイオフィルムといい、虫歯菌や歯周病菌などのバリアの役割を果たすものです。このバイオフィルム、歯磨き粉だけでは全て落とすことは難しいです。バイオフィルムを取り除くためにはプロによる機械を使用した歯のクリーニングを受ける必要があります。

自分の歯を守るために

治療から予防の時代に。歯科治療は予防歯科にシフトしつつあります。
自分の歯を守る1番簡単な方法は定期的な歯科検診を受けることです。
残念ながら、日本で定期検診を受けている方は2%。かたや、世界一の予防歯科先進国のスウェーデンは91%。その結果、スウェーデンでは80歳で平均25本の歯を残すことを可能にしています。

日々の自分でできる予防歯科と定期的な歯医者さんと一緒に行う予防歯科。この2種類の予防歯科で虫歯や歯周病から自分の歯を守りましょう。