みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

乳歯の生え変わり時期や順番はある?

歯の生え変わりは6歳の誕生日が目安ですが…

歯がぐらついたり、抜けたりした時、お子さんの成長を感じるという方がいる一方で、生え変わりが他のお子さんより早いと心配になる親御さんもいるようです。6歳頃が乳歯から永久歯への生え変わりの目安と言われていますが、もちろん、子どもの成長には個人差があります。歯の生え変わりも然り。

乳歯から永久歯へ生え変わる時期

歯の生え変わりは、幼稚園・保育園から小学校に上がる6歳ごろから始まるのが一般的です。6歳の前後2歳、4~8歳なら特別「早すぎる」とか「遅すぎる」とか考えなくても大丈夫です。

乳歯から永久歯に生え変わる理由

乳歯は一度生えたらそのサイズが変わることはありません。しかし、子どものあごは成長とともにどんどん大きくなります。あごと歯のサイズのバランスが悪くなるのを防ぐため、乳歯は永久歯に生え変わるのです。

乳歯から永久歯へ生え変わる順番

一般的に最も早く抜けるのは下の前歯、最も早く生えてくるのは下の前歯と奥歯の大臼歯。永久歯が全て生えそろうのは概ね14歳頃と言われています。

永久歯の生える順番

あくまで、一般的な順番ですが、
6歳:まず、下あごの前歯が生えます。ほぼ同時期に奥歯の大臼歯も生えてきます。
7~8歳:上あごの前歯が生えます。
8~9歳:前歯から奥歯の順に生えていきます。
10~11歳:奥歯が乳歯から永久歯に生え変わります。
12~14歳:永久歯が生えそろいます。

少し気になるケース

乳歯が永久歯に生え変わる時、まず乳歯がグラグラと揺れ始めて抜け、そのあとに永久歯が生えてくるのが一般的です。しかし、通常とは違うケースも出てきます。

乳歯が抜けたのに、永久歯が生えてこない

早い段階で乳歯が抜けたのに、永久歯がなかなか生えてこない場合があります。こういう状態だと何か問題があるのでは、と思ってしまう方もいるかもしれませんが、3ヶ月程度であれば問題はありません。特に上の前歯は、乳歯が抜けてから永久歯が生えるまで時間がかかる傾向にあります。
しかし、乳歯が抜けて半年経っても永久歯が出てこない場合は、先天的な欠如の可能性があるので、歯医者さんに相談してみましょう。

永久歯が出てきたのに乳歯が抜けない

乳歯が抜けていないのに、永久歯が生えてきてしまうことがたまにあります。乳歯がグラグラ揺れているのであれば、自然に抜けるまで様子を見れば良いと思います。
ただ、痛みが出てつらいようであれば、歯医者さんに相談してみましょう。場合によっては抜歯する可能性もあります。
本来は、永久歯は乳歯の根を溶かして、乳歯が抜けるような助けをしながら生えていきます。しかし、乳歯の根は2本あって永久歯が生える位置がずれてしまうと、片方の根が溶けずに乳歯が抜けづらくなってしまうのです。基本的には、乳歯を抜歯すると永久歯が自然に適切な位置へ動いていきます。

生え変わりが左右対象でない

乳歯から永久歯への生え変わりは、右の前歯から左の前歯というように左右対称に進んでいくのが一般的です。しかし、右の前歯が生え変わったのに左の前歯で生え変わりの兆候すらないケースもあります。
こういう場合には、歯の真ん中がずれてしまう可能性が考えられます。稀に歯科矯正が必要なこともあるので、歯医者さんに相談すると良いでしょう。

まとめ

一般的に乳歯から永久歯への生え変わりは6歳の誕生日を目安に始まり、14歳くらいには永久歯が生えそろうと言われています。しかし、身体の成長や言葉の発達に個人差があるように、歯の生え変わりにももちろん個人差があります。
他のお子さんと生え変わりの時期が違うと不安になるのは分かりますが、基本的には心配のないケースが多いです。
しかし、乳歯が抜けて半年経っても永久歯が出てこないなどの異常が感じられた場合には、一度歯医者さんに相談してみた方がいいかもしれません。