みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

審美歯科と歯医者の違い 入門編

審美歯科と歯医者の違い 入門編

虫歯を治療して患部を取り除く通常の歯科が一般的な歯医者です。審美歯科は虫歯の治療を第一目的に考える場所ではなく、治療の結果見栄えが悪くなった歯や生まれつき並びの悪い歯などを、外見的に美しく見られるよう口元を美しくすることを目的としています。

審美歯科とは

虫歯で歯を削ったり抜いたり、悪化した虫歯なら膿を取り除いて神経まで治療してしまう治療は、通常の歯科で行われるものです。そういった、従来の歯科に加えて美容を中心に考えた「美しい歯と口元」を作ることを目的とした「審美歯科」が必要とされています。歯の治療で重要とされることは、当然ながら虫歯を取り除くことです。しかし近年、虫歯の治療に美容の概念が加わり、見栄えを悪くすることなく顔の中心部分を占める口元の治療を行う重要性が求められています。

治療の目的

審美歯科の施術にも様々なものがあります。奥歯に銀のかぶせものをしたため口を大きく開けて笑えなくなった方などから、心のコンプレックスを取り除いてあげることも大切な役割です。詰め物や被せ物をを白いものに変え目立たなくし、自分の歯が「快適なもの」になることが重要となります。たとえ虫歯の無い健康な歯であっても、より美しい口元を実現するためにセラミックを被せたりします。白く美しい歯を実現し、精神的な満足を実現します。

歯を残す治療

虫歯の治療も審美歯科の施術にも、神経治療が想像されます。しかし歯科医が求めるものは神経を残す治療、できるだけ歯を残す治療です。神経を取ってしまった歯は血流が無くなり、水分も不足します。痛みは感じないかもしれませんがさらにひどい虫歯に進むおそれがあるのです。それは審美的にも目的と異なるもので、美しい歯と健康な歯には共通点があります。本来の歯から削る部分は最小限に努め、神経もできるだけ残し外観上の美しさを保ちます。

ホワイトニング・クリーニング

私たちの歯は、本来少し黄色みがかったものです。色素の沈着でさらに変色する場合もあります。そういう場合に、美的な観点からより白い歯を実現するホワイトニングを施すことがあります。クリーニングでは歯垢や歯石、ヤニ、シブを除去し、フッ素でコーティングすることで虫歯予防と綺麗な白い歯を実現します。さらに少し削った上でセラミックで白くすることもあります。

インプラント

歯の土台となる顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工歯を取り付け、完全に失われた歯を取り戻す治療です。義歯やブリッジなどの人工歯根も現在の治療として実施されますが、噛み具合や外観上の悩みになりやすく、審美的には望ましいものとはいえないかもしれません。その点インプラントなら、一般の歯医者でも勧められることの多い審美的な意味合いの強い治療です。

矯正治療

従来は主に子ども時代に歯並びの悪さを矯正するために行われることの多かった矯正治療は、現在成人も対象に広く行われます。歯並びの悪さや歯の大きさの違いは噛み合わせの悪さにつながり、外観上の美しさも失われます。歯並びも含め口と口の周りに対する美の要求は強くなりつつあります。審美歯科なら歯医者としての目線に加え、美容的な観点からも最適な治療を施すことが出来るでしょう。通常の虫歯治療に加えて、心身ともに健康につながる審美歯科も、新たな選択肢として選んでみてもいいかもしれません。