みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

口臭原因物質の話

口臭の原因物質

口臭は、病的口臭、生理的口臭、食品由来口臭、などに分類されます。なかでも、生理的口臭は、程度の差はあっても、健常者のほとんど誰もが持つ口臭です。空腹時や起床時、緊張時など、唾液の分泌がすくなくなると、口腔内の細菌が増殖し、特に匂いが強くなります。生理的口臭の原因物質とされるのがVSC(揮発性硫黄化合物)と呼ばれるものです。揮発性硫黄化合物を、成分ごとに分けたときの要素は、

硫化水素(H2S):卵の腐ったような臭い
メチルメルカプタン(CH3SH):野菜の腐ったような臭い
ジメチルサルファイド((CH3)2S):ゴミ臭

などとされます。

生理的口臭

病的な口臭ではないため特に治療の必要はありませんが、程度によってときどき相手を不快にすることもあります。身体のコンディションにより変化するもので、ストレス、空腹、睡眠などに影響されます。口臭は、感じる側の主観によるところもあり、特に匂いに敏感だったり感受性の過敏なことにも左右されます。口臭について過剰に神経質になる必要はありませんが、周囲をあまりに不快にさせない程度に清潔を保った方がいいでしょう。本人には分からないのが自分の口臭で、口臭を気にすると不安感が増してさらに口臭が強くなります。

唾液と口臭

生理的口臭は、生活リズムに対して強くなったり弱くなったりする特徴があります。その原因の一つが舌苔です。舌苔は、睡眠中や昼食夕食前など、唾液の分泌が少なくなると付着しやすくなります。舌苔が多量に付着すると口臭も強くなる傾向にあり、加齢によってさらに舌苔は多くなる傾向にあります。

歯科での口臭治療

舌苔による生理的口臭は、歯科にて治療することができます。口腔清掃を行い、舌苔を除去します。舌ベラや舌ブラシで直接的に舌苔を取り除きます。舌の隙間、舌乳頭間まで清掃します。さらに原因として考えられるものに、歯周病があります。歯周病を原因とする口臭治療では、歯肉炎や歯周ポケット、歯周ポケットに溜まったプラーク(歯垢)などに着目します。口臭の原因となる口腔内の食べカスを除去し、プラークの発生を防ぎます。プラークコントロールに加え、歯周ポケット内の歯石や歯垢を除去し、タバコによるヤニや着色を除去します。舌を清掃したのちマッサージし、歯面にフッ素塗布します。

歯科の定期受診

口臭予防には、原因となる3要素、VSC(揮発性硫黄化合物)の発生を抑える必要があります。口臭の原因物質の一つである硫化水素は、本来、死亡事故も起こる毒ガスです。他の空気と一緒に吸い込むため、害は薄められますが、身体には悪いものです。毎日歯磨きして、口臭予防効果のある洗口剤などで丁寧なケアを心がけ、定期的に歯科医を受診し、口臭予防に努めましょう。