みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

冷たい水が歯にしみるのは知覚過敏かも

特にむし歯や歯の神経(歯髄)の炎症などの病変がない知覚過敏の基礎を説明する

日常生活の中で冷たいものや、甘いものを食べると歯にしみることや、歯を磨いている時に歯がしみてしまうなどの経験をしたことはありませんか?その症状、もしかすると知覚過敏かもしれません。そんな知覚過敏についての基礎知識の説明を行っていきます。

知覚過敏とは

冷たいものを食べたり飲んだりしたとき、あるいは歯磨きをしているときや歯に風が当たった時などに感じる痛みのことを「知覚過敏」と言います。虫歯などによる歯や歯の神経の炎症などの症状がない場合に知覚過敏の症状がみられます。

知覚過敏が発症するしくみ

知覚過敏は、歯の表面の硬い層であるエナメル質の部分が削れ、内側部分の象牙質の層が露出してしまいます。その露出した象牙質の部分を刺激すると、歯から脳へと刺激が伝わり知覚過敏特有の「キーン」としみるような痛みが現れます。

知覚過敏の主な原因

では、知覚過敏の痛みの原因である、エナメル質が削れ象牙質部分が露出してしまうのでしょう?

歯磨きのやり方

毛先の硬い歯ブラシで、力任せにゴシゴシと磨く人は要注意です。毎日ゴシゴシと磨くことで、歯の表面のエナメル質が徐々に削られ、知覚過敏を引き起こしてしまいます。 また、研磨剤が含まれている歯磨き粉を多く使い磨くことで、エナメル質が削れてしまうため、知覚過敏の原因になります。

歯ぎしり・くいしばり

ストレスや疲れなどで起こる歯ぎしりも知覚過敏の原因です。歯ぎしりによる歯への強い負担が、エナメル質を削ったり割れたりすることがあるためです。また歯を食いしばるのも、同様の理由からエナメル質に傷をつけ、知覚過敏の原因となります。

歯の噛み合わせ

歯同士の噛み合わせが悪いと、一部分の歯への負担が強くかかってしまい、エナメル質に傷をつけてしまうことで、知覚過敏の原因となります。

飲食物から出る酸

食べ物や飲み物の中でも酸性度の高い飲食物(アルコール、炭酸水、柑橘類、酢、梅干しなど)を長時間食べ続けたり、食べ過ぎることなどで、飲食物の酸によってエナメル質が溶かされてしまいます。また、このように酸性度の高い飲食物に含まれる酸でエナメル質が溶けてしまうことを「酸蝕歯」と言います。

予防方法

知覚過敏にならないためには、日頃からどのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか?ここからは知覚過敏を防ぐための予防法を紹介していきます。

歯磨きはやさしく磨く

歯磨きは力強く磨けば汚れが落とせると思いがちですが、それは歯に負担がかかってしまう一方で非効率的なのです。歯磨きは、毛が硬すぎない歯ブラシを使用し、程よい力(毛先が多少しなる程度の力)で磨きましょう。

知覚過敏用の歯磨き粉の使用

様々な成分が含まれた歯磨き粉がありますが、知覚過敏用の歯磨き粉というのものがあります。この歯磨き粉の中には「硝酸カリウム」という成分が歯の周りにバリアのようなものを作り、知覚過敏を軽減させる効果があります。この他にも、「フッ素」を含んだ歯磨き粉を使用することでエナメル質を強くする効果があります。

歯を食いしばらないように気をつける

歯を食いしばる事は、日頃から意識することで減らすことが出来ます。もし、歯を食いしばっていることに気づいたら、歯と歯を離すよう心がけましょう。

まとめ

知覚過敏によって、飲食が難しくなったり、歯磨きがやりづらくなったりします。もし冷たいものを飲んだり食べた時や、歯磨きなどで「キーン」というような痛みを感じたら、予防方法の項目で紹介した事など、日頃の生活習慣に気をつけしょう。それでも収まらない場合は、歯科医院へ相談してみましょう。