みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

違いは何?歯周病と歯肉炎と歯周炎

歯周病と歯肉炎と歯周炎の違い

今や現代病のひとつでもある歯周病。
成人のほとんどが、歯周病にかかっていると言われています。
歯周病は、症状によって様々な呼ばれ方があります。
今回は「歯周病」「歯肉炎」「歯周炎」それぞれの違いについて、解説を行っていきます。

歯周病とは

歯周病は、口の中に残った歯垢の中の細菌によって歯茎が炎症を起こし、「歯槽骨」と呼ばれる歯を支えている骨を溶かしていく病気です。

歯周病の症状

「歯茎から出血」「歯のグラつき」「口臭が出る」「歯組から膿が出る」など、様々な症状があらわれるようになり、そのまま歯周病が進行してしまうと、歯が抜けてしまうことがあります。

口の中以外にも様々な影響が

歯周病の恐ろしいところは、歯や歯茎だけではありません。
唾液や呼吸から肺に入り込み、喘息や肺炎などの呼吸器系の疾患を引き起こします。
また、歯茎から血管を通して体全体へと入り込むと、「糖尿病の悪化」「脳梗塞や心筋梗塞など血管系の病気」などの病気や、妊娠をしている女性は、早産になってしまうリスクが高くなってしまいます。
このように、体のあらゆるところに悪影響を及ぼします。

歯肉炎とは

歯肉炎は、歯茎にだけ炎症が起きている状態の事を言います。
「歯周ポケット」と呼ばれる、歯と歯茎の間にできた溝の中に歯垢がたまり、その中で歯周病の原因となる細菌によって、歯茎に炎症が起きます。

痛くないからと言って放っとけない症状

まだこの状態は、歯周病の手前の症状で痛みも起きないため、見過ごされがちな症状ですが、この状態で治療もせず放置してしまうと、次項に記載する「歯周炎」へと発展し歯周病の症状が本格化してしまうので、注意が必要です。

歯周炎とは

前項の歯肉炎の症状を放置した状態にしとおくと「歯周炎」という症状に発展してしまいます。
歯周炎は、「強い口臭」「歯がグラつく」「歯茎から膿が出る」など、歯肉炎の時よりも口の中に強い症状に変化していきます。

症状によって3段階に分けられる

歯周炎は、「軽度歯周炎」「中等度歯周炎」「重度歯周炎」と、症状によって3つの段階にわけられ「重度歯周炎」の状態にまで達すると歯に強い痛みが発生し、普段の食事に影響が出てきます。

それぞれの共通点

今回紹介した3つの病名のうち、歯肉炎と歯周炎は、いずれも歯周病の進行状況の呼称です。
つまり共通で、放置しておけば最悪歯が抜けるだけでなく、体の様々なところに悪影響を及ぼす可能性があります。

歯周病になりやすい人はこんな人

日頃の歯磨きでの磨き残しなどで、歯に残ってしまった歯垢が歯周病の代表的な原因ですが、この他にも以下の項目が当てはまる人などは注意が必要です。

・ストレス
・疲労
・喫煙
・強い歯ぎしりや食いしばり
・間食が多い
・よく噛まない食事

まとめ

歯周病は誰にでも起こりうる歯の病気です。
なかなか気づきにくい歯肉炎の段階で予防できることが理想的です。
歯周炎まで症状を悪化させると、歯や体にリスクを伴います。
そのためにも、日頃の歯へのメンテナンスは大切になってきます。
もし、少しでも歯に異変を感じた時は、歯科へ相談に行きましょう。