みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

子供の歯ぎしりは悪影響?歯医者での治療法

子供の歯ぎしりの原因と悪影響について、小児歯科での治療方法を紹介

歯ぎしりをするのは大人だけではなく、実は子供も歯ぎしりをすることがあるのです。
子供の歯ぎしりは、何故起こるのでしょうか?
今回は子供の歯ぎしりの原因から治療方法などについて紹介していきます。

子供の歯ぎしりの原因

ここからは、子供の歯ぎしりはどのようなことが原因でおこるのかを紹介していきます。

歯の噛み合わせ

子供は、乳歯から永久歯に生え変わる際、ズレた噛み合わせを自己修復しようとして歯ぎしりが起こると言われています。
この場合は、成長とともに歯ぎしりの症状は落ち着いてくることが多いので、心配しなくて良い場合があります。
しかし、永久歯が生えそろった後に歯ぎしりをしていた場合は注意が必要です。

ストレスが原因

上記で記したような、噛み合わせによる自己修正で起こる歯ぎしりのほかに、ストレスが原因で歯ぎしりをしているケースがあります。
噛み合わせによる歯ぎしりは昼間に起きるのに対して、ストレスが原因の歯ぎしりは夜間、睡眠中に起こることがあります。
眠りが浅かったり、悪夢を観ている時などに歯ぎしりをしている場合があります。
大人だけでなく、子供もストレスを抱えることがあります。
お子さんが日常生活において、変化が無いかに注意する必要があるかもしれません。

歯ぎしりがもたらす悪影響

子供の成長において、乳歯と永久歯が混在する口の中では、無意識的に歯ぎしりをすることで噛み合わせの調節を行っているため、心配のないケースもあります。
しかし、例外のケースもありこの場合の歯などに与える悪影響について説明していきます。

歯の神経への悪影響

ひどい歯ぎしりが続くと、歯の中の神経が強い力に耐えきれなくなり、神経の炎症や壊死してしまうことがあります。
そのまま放置しておくと、歯茎が腫れたり、強い痛みが出たりすることがあり、早めの治療が必要となります。

顎関節症

歯ぎしりによって、顎の周りの筋肉を緊張させてしまい過度な負担をかけてしまい、ひどい場合は、顎関節症を引き起こす原因となってしまい、早めの対策が必要となります。

歯の摩耗やぐらつき

歯ぎしりは、強い力で歯と歯をすり合わせている状態のことを言います。
そのため、どうしても歯は摩耗してしまいます。
また、その力は歯根にまで影響を及ぼすため、歯がぐらついてしまうことがあります。

歯科医院での治療方法

では、歯科医院で治療をする場合どのような治療方法があるかを紹介していきます。

歯列矯正

歯が乳歯から永久歯に生え変わってもなお、歯ぎしりが治らない場合に歯列矯正を行い、歯並びや噛み合わせを矯正していきます。

マウスピース

歯列矯正でよく使われるマウスピースは、歯ぎしり治療にも有効です。
マウスピースをすることで、歯ぎしりをしても歯や歯茎に直接負担がかからなくなり、歯が削れるのを防ぐことができます。
また、顎へかかる力も軽くなり顎関節症予防も出来ます。
初めのうちは、寝ている間に外れてしまったり等がありますが、慣れてくると熟睡出来る子供も多く、歯ぎしり治療に効果があります。

リマインダー

なんでもいいので、コレが目に入ったら歯ぎしりをやめるというモノを決めておきます。
一種の自己暗示を使った治療法を「リマインダー」と呼びます。
例として壁に「歯ぎしりストップ」等の紙を貼っておくというものがあります。
歯科医師のアドバイスを受けリマインダーを活用した治療も試してみましょう。

まとめ

子供の成長過程で必要な歯ぎしりはありますが、永久歯が生えそろった後、歯ぎしりが治らない場合、歯科医院への相談をおすすめまします。
そのまま放置しておくと、口の中だけでなく、顎関節症の原因など様々なところで支障をきたす可能性があるので、早めの対策が必要となります。