みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

虫歯の原因は虫歯菌!種類や原因とは

代表的な虫歯菌や感染経路、虫歯菌の好む環境についてわかりやすく説明

口の中にはさまざまな菌が存在し、その菌が歯や歯茎に影響することで虫歯は発生し、進行します。

虫歯菌の種類

虫歯の原因は虫歯菌によるものということも今では常識化してきました。その虫歯菌には「ミュータンス菌」や「ラクトバチルス菌」などがあります。

虫歯発生の仕組み

なかでも、虫歯の発生に関与するものがミュータンス菌です。歯と歯茎の間や歯と歯の間に詰まった食べ物のカスなどを栄養源として増殖し、プラーク(歯垢)と呼ばれるミュータンス菌の温床が作られます。

虫歯の進行

ミュータンス菌は糖を分解し酸を発生します。この酸が歯の成分を溶かし表面に穴を開け、歯の奥深くへと虫歯を進行させます。

虫歯の予防方法

虫歯予防には毎食後の歯磨きが欠かせません。

再石灰化

歯を清潔に保ち表面をツルツルの状態に保てば、表面のミュータンス菌やプラークもブラッシングやうがいで簡単に洗い流すこともできるでしょう。現在では、歯が再石灰化することも明らかとなっていて、初期の治療では削る治療を行わずフッ素を塗布することで治癒を目指すこともあるほどです。まだ穴の開いていない状態の軽度の虫歯なら、エナメル質表面の再石灰化により歯医者に行かないでセルフケアで治すこともできます。

虫歯の感染経路

虫歯菌にはさまざまな経路で感染します。本来、赤ちゃんの口腔内に虫歯菌はいません。食事で使うスプーンや食器などを親と共用することで感染します。子どもには感染しやすい時期があり、乳歯が生えてから生えそろうまでの期間が特に危険とされています。食器からの感染が多いため、親と同じ食器を使わない、食べさせるときに「フーフー」はしないなどの配慮が必要となります。スキンシップとしてのキスも原因となるため、親自身の虫歯ケアも重要な事項です。

虫歯菌の好む環境

虫歯菌は糖を栄養としてプラークを形成します。口腔内に糖の成分となる食べ物のカスが残っている状態では容易に増殖します。

虫歯は細菌による感染症

さらに、睡眠中は食べ物を摂取しないため酸性となった口内環境を中性に戻しづらく、虫歯菌は増殖しやすくなります。ミュータンス菌は糖を栄養としていますから、口中に常に糖が存在するような間食の多い食事は増殖に都合が良いことになります。ダラダラとお菓子を食べているような環境は虫歯菌にとって好都合となります。口内環境が悪いということで虫歯菌が増殖しやすくなり、いったん感染してしまえば虫歯はすぐに進行してしまいます。

虫歯予防

歯磨きの励行は、健康な歯を維持していくために効果的な手段です。しかし、虫歯は乳児期から乳歯が生えそろうまでの期間に最も感染しやすい時期を迎えます。この時期は特に、親と食器や歯磨き用のコップを共用しない、唾液による感染を防ぐため親自身が虫歯のケアに励むなど、親が注意することで感染を防ぐ工夫が必要です。幼少期からブラッシングを励行し、歯科医の予防診療を受診することで、虫歯になりにくい口内環境を作ることが可能です。