みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯茎の出血原因、もしかして歯周病?

歯茎の出血原因、もしかして歯周病?

出血を軽視し歯周病の知識が少ない方へ向け出血の原因でもある歯周病について意識付けるよう説明

歯磨きをしていると、歯茎から血が出ていたという経験がある方は少なくないと思います。
その症状は歯周病の可能性や、その他歯や歯茎から何らか問題があるサインです。
歯周病は、日本で30代の人の8割が患っていると言われている現代病です。
放っておくと口の中だけでなく、体全体に影響を及ぼす可能性があります。

歯茎からの出血、主に歯周病の初期症状の可能性

ほとんどの場合、歯茎から血が出た場合、歯周病の代表的な初期症状と考えられます。
歯周病は、歯垢の中の細菌が原因で、歯茎に炎症が起きます。
炎症が起きた状態で歯ブラシをすることで、歯茎の中の毛細血管が刺激され出血してしまうことがあります。

放っておくと怖い歯周病

歯茎が細菌感染し、炎症を起こしたことで歯茎から出血してしまった状態を、歯周病の中でも「軽度歯周炎」と呼ばれる状態で、早めの対策や処置をすることが大切です。
そのまま放置してしまうと、

・歯茎から膿が出て来る
・歯がグラグラしてくる
・口臭がきつくなる

などの症状が現れ始め、最悪の場合歯が抜けてしまいます。

口の中だけはない歯周病の恐怖

最悪歯が抜けてしまうかもしれない歯周病。
しかし、影響は口の中だけでなく体全体の健康にも影響を及ぼす事があるのです。
歯周病の原因菌は血管を介して体の様々なところに運ばれていきます。
それにより

・心臓疾患、脳血管疾患
・糖尿病
・骨粗相症
・早産に影響

などの症状を引き起こす原因になります。

その他に考えられる出血の原因

その他に歯茎からの出血で考えられる原因を紹介します。

強すぎる歯磨きによる外傷

歯磨きの際、力を入れてゴシゴシ磨いていませんか?
その磨き方が歯茎に、擦り傷や切り傷を作ってしまいそれが出血の原因となっています。
歯ブラシは力加減ではなく、確実に歯垢を取り除くための丁寧な歯磨きが重要なのです。

歯ぎしりや噛み合わせ

歯ぎしり癖がある方や、歯の噛み合わせが悪い方は、特定の歯に強い力が加わっていることが歯茎にも大きな負担をかけています。
これらの症状は歯茎が炎症し出血する原因になるため、改善する必要があります。

抗凝固剤

脳梗塞、心筋梗塞などで抗凝固剤を服用している方は、血液を固まりにくくするという薬の作用が原因で、口腔内も出血しやすい状態になるので、歯茎からの血が出ることがあります。

早期対策と定期的なメンテンスを

歯茎から血が出た場合は、歯周病初期症状の可能性が非常に高いので、早めに歯科医院へ相談しましょう。
また普段からの歯ブラシなどのケアにおいても、ゴシゴシと力強く磨かずに、丁寧に歯垢を取り除けるような磨き方を見直しことをおすすめします。