みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

子供の歯ぎしりは悪影響?自宅でのケア方法

子供の歯ぎしりは悪影響?自宅でのケア方法

お子さんの歯ぎしりの原因、知っていますか?

「何でうちの子、こんなに歯ぎしりしているのだろう?」「何か問題があるのでは?」と心配になっている親御さんもいるかもしれません。今回は子供の歯ぎしりの原因と悪影響について、自宅でできる対策を交えながらわかりやすく紹介したいと思います。

歯ぎしりの原因

子供の歯ぎしりの原因はさまざま考えられますが、大きく分けて2つあるといわれています。ひとつは「噛み合わせ」、もうひとつは「ストレス」。

噛み合わせ

歯ぎしりの原因として、まずはじめに考えられるのが「噛み合わせ」です。子供の歯が永久歯に生えそろうまでは噛み合わせが安定することはないと考えた方がいいかもしれません。

ズレが出てしまった噛み合わせを自己修復しようとして、出ている歯をすり減らしたり、沈降させたりすることで、歯ぎしりが起こるといわれています。

歯が生え変わる時期のお子さんは、噛み合わせが原因で歯ぎしりをすることがありますが、成長とともに改善するケースが多いです。

ストレス

噛み合わせによる歯ぎしりは、昼夜問わず起こります。歯ぎしりが睡眠中だけ起こる場合は、その原因がストレスと考えた方がいいかもしれません。ストレスは大人だけでなく子供にもあります。

眠りが浅くなったり、悪夢を見たりすることで、歯ぎしりが起こるといわれています。睡眠時の歯ぎしりが続くようなら、生活環境や幼稚園・保育園、学校などでの様子、お友達との関係など経過観察する必要があるかもしれません。

子供の歯ぎしりは悪影響?

ひとは無意識に噛み合う場所を探すという習性があります。これが歯ぎしりにつながっています。永久歯が生えそろうまでは噛み合わせが安定しないので、どうしても歯ぎしりが多くなるのです。

基本的には問題ない

乳歯が抜けて永久歯が生えてくる頃は、無意識に噛み合わせを調整することが多い=歯ぎしりが多いという傾向にあります。歯ぎしりは基本的には問題なく、おしゃぶりと同じようにお子さんが誰でも経験するものと考えて良いと思います。

顎の筋肉を鍛えるという見方も

歯ぎしりをするということは、ごはんを食べている時間以外にも顎を動かすことになるので、見方によっては発達途中の顎の筋肉を鍛えているということになるのです。

6歳を過ぎて歯ぎしりが多い場合は

基本的に問題がないといわれる子供の歯ぎしりですが、治療が必要なケースもあります。

乳臼歯が生える2歳頃や乳歯から永久歯に変わる4~6歳にかけては歯ぎしりをするお子さんが多くなります。4~6歳のお子さんがする歯ぎしりは、噛み合わせのバランスを調整して永久歯が生えるスペースをつくるための無意識の行動といわれているので正常な成長の証といっていいでしょう。

しかし、6歳をすぎても歯ぎしりが多い場合は他の原因も考えられるので、歯医者さんに診てもらった方がいいかもしれません。

痛みや歯のぐらつきがある場合は

ひどい歯ぎしりが続いて、歯の神経に影響が出たり、顎関節に過度に負担がかかり顎関節症になるケースでは早めの治療が必要となります。また、歯のぐらつきが見られる場合も放置していても元に戻ることはないので歯医者さんに診てもらいましょう。

自宅でできる対策

食事や姿勢、環境整備など、自宅でもお子さんがひどい歯ぎしりにならないための対策ができます。

よく噛んで味わいたくなる食事を

あまり噛まずに食事を摂るお子さんに歯ぎしりが多くみられる傾向があります。よく噛んで食べる習慣がないと顎の成長が阻害され、噛み合わせに悪影響がでてくるからといわれています。

具体的にひとくち30回噛むなどの目標を持たせるとともに、よく噛んで味わいたくなるメニューを工夫するとよいでしょう。丼物はどうしてもかきこみがちになるので一汁三菜を意識した食事がいいかもしれません。

猫背を治す

姿勢と歯ぎしりも関係があるといわれています。背中を丸めた姿勢が続くと首の前の筋肉が緊張して、口が開けにくくなります。自ずと顎関節の動きも悪くなるので歯ぎしりを生じることが多くなります。猫背にならないよう背もたれのある椅子に浅めに腰掛けるなど、正しい姿勢をお子さんに教えていきましょう

せめて家ではリラックス

「ストレス」は「噛み合わせ」と並んで、2大原因のひとつです。学校生活などを送っているとどうしてもかかってしまうストレス。ある程度仕方のないことです。せめて、家庭ではリラックスできる環境を作ってあげてくださいね。

まとめ

子供の歯ぎしりは基本的にあまり心配する必要はありません。お子さんの成長過程のひとつと考えていいでしょう。ひどい歯ぎしりにならないために、噛む習慣づけや姿勢を正すなど自宅でできる対策もあります。6歳を過ぎても多く歯ぎしりをしている場合や、歯ぎしりが原因とみられる痛みや歯のぐらつきがみられた場合は治療が必要なケースが多いので、歯医者さんに早めに診てもらいましょう。