みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

虫歯の進行度によって治療法はどう変わる?

初期段階、痛みがない、冷たいものがしみる、出血がある等、進行度による症状や治療についてわかりやすく説明

虫歯の度合いによる治療法

一口に虫歯と言っても、その進行度合いによって治療法もさまざまです。

虫歯のステージ

虫歯にはステージというものがあって、ステージごとに治療法は異なります。ステージにはC0からC1、C2、C3、C4まであり、数字が大きくなるほど虫歯の症状は重くなります。それぞれのステージごとに、主な治療法を見ていきましょう。

ステージの詳細

C0:要観察とされる初期の虫歯です。歯の表面のエナメル質が若干溶けているか、または少しだけ茶色く濁っているだけの状態です。痛みもなく、この段階の虫歯はフッ素塗布などにより再石灰化することも多い、初期の虫歯と言えます。

C1:エナメル質のみ溶かされ、小さな穴が開いた状態です。虫歯はエナメル質でとどまっているため、痛みはほとんどありません。通常、痛む歯を削って詰め物をします。

C2:虫歯がエナメル質を通過し象牙質まで届いた状態です。冷たいものを飲むと痛みがあり、強い痛みに発展したり、虫歯を削って詰め物をすることもあります。ひどい場合は神経を抜くこともあります。

C3:虫歯が神経まで到達した状態です。神経が死んで神経の先の部分に膿が溜まっている場合もあります。神経を抜き、被せ物をするなどの治療をします。

C4:虫歯は進行して歯が根の部分しか残っていません。神経も死んでおり、根の部分には多くの場合膿が溜まっています。抜歯して神経を抜き膿を洗浄します。その後、ブリッジ、インプラント、差し歯、入れ歯、などの治療を施します。

ステージによる治療の大きな違い

虫歯は進行の度合いによって必要とされる治療が違います。

虫歯の深刻さ

初期のC0の場合はフッ素塗布などで再石灰化を期待し、削る治療は行わないぐらいです。だからこそ、虫歯は早期発見早期治療が必要とされるのです。C2以降まで悪化してしまうと、雑菌も増殖しやすくなり治療も遅れ虫歯になりやすい口腔となります。さらにしんこうすると自分の歯を1本ずつ失っていくことになります。

歯自体の弱体化

削って神経まで抜いても、表面的にはまだエナメル質が残り見た目はきれいなままかもしれません。しかし、歯は神経を抜くと血流が止まり、歯そのものの水分も不足してきます。水分の不足は歯の弱体化を招き、もろくなります。悪化が加速してしまうのです。

まとめ

虫歯が進行するほどに、治療は専門技術を必要とする時間と費用のかかるものとなります。麻酔、神経治療、抜歯など、本来の自分の口内環境を失うことになります。いっときの歯磨きなどのケアを怠ることで、歯科治療という大きなツケがあとからやってきます。ブラッシング、フロスや糸ようじなどのケア、定期的な歯科での予防治療などを励行するほうが、結果的に面倒を省くことになるのです。長く健康な自分の歯を保つため、定期的な歯科診療を努力をしましょう。