みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

臭い別の口臭で原因を探ってみよう

臭いの特徴と原因

腐敗臭やドブのような臭いなど、臭いの種類によって口臭がどのような原因で起こっているか推測することができます。原因を探ることが気になる口臭を抑える第一歩。今回は臭い別に口臭を分け、原因をわかりやすく説明していきたいと思います。

腐敗臭

卵の腐ったような臭い、便臭、生臭さなどの腐敗臭がある場合、「歯周病菌」が原因の可能性が高くなります。どの臭いも、微生物が発生させるガスの臭いです。また、「虫歯」でも腐敗臭がします。虫歯ができると溝が深くなるので食べカスがたまりやすくなり、微生物(細菌)が増え、腐敗臭が強くなるのです。

血生臭いにおい

「歯周病」が少し進行した場合、歯肉を舌で吸ってみると生臭いというか、血の臭いがすることがあります。さらに歯周病が進行すると、歯磨きをした後も血生臭いにおいが取れません。これは歯周ポケットにたまった血や膿などが原因のにおいです。

ドブのような臭い

喉の奥からドブのような臭いがすることありませんか?喉からドブ臭を発している場合は、「膿汁」「膿栓」が原因と考えられます。扁桃炎になると、細菌と戦った白血球の死骸や細菌が粘液と混じり、膿汁や膿栓をつくります。そのため、膿汁や膿栓ができるとドブ臭や下水臭が発生するのです。また、舌に細菌がたまって「舌苔」ができた時もドブのような臭いがします。

アンモニアのような臭い

「肝臓疾患」や「腎臓疾患」が原因の場合、トイレの臭いのようなアンモニア臭を発します。

おならのような臭い

口の中というより、吐いた息がおならのような臭いになっている時は「消化器系の疾患」の可能性があります。

酸っぱい臭い

「逆流性食道炎」の場合、酸っぱい臭いを発する場合があります。逆流性食道炎は、食べた物が消化されず胃から食道に逆流して、食道に炎症を起こす病気です。胃酸が口の中に戻るので、酸っぱい味や臭いがするのです。

薬品臭・すえた臭い・甘ったるい臭い

薬品のような臭い、すえた臭い、甘ったるい臭いがする場合は、糖尿病や肥満、脂質代謝異常などが考えられます。

ガス臭・ゴム臭

老化や肥満によるコレステロールの代謝異常、ビタミンE不足の場合、ガスのような臭い、ゴムのような臭いがする場合があります。

まとめ

一言に口臭といっても、出ている場所も違えば、原因も異なります。気になる口臭を解決する糸口を見つけたい方は、まず臭いの特徴を知ることが一番です。口臭の原因がわかりさえすれば、適切な対策ができ、口臭を改善することができるでしょう。