みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯と骨を支える歯根膜に及ぼす歯周病の影響

歯と骨を支える歯根膜に及ぼす歯周病の影響

歯周病を防いで大切な歯根膜を守る

歯根膜は歯の根っこの周りを覆い、噛む力の強弱をコントロールするための厚さ0.3ミリ程度の薄い膜です。

噛む力から歯を守る歯根膜

人間の噛む力は、奥歯なら体重に比例すると言われます。体重が50kgなら奥歯の噛む力もおよそ50kgとみなされています。そのような強い力で毎回歯を食いしばっていると、やがて歯は傷み砕け、その役割を果たす期間は短く限定されるでしょう。歯根膜の存在により、程よい力加減を感知し、柔らかい食べ物なら20kg、硬い食べ物なら40kgで噛むなどと、細かく調整できます。それでは、歯根膜が歯周病にかかってしまった例について考えていきましょう。

根尖性歯周炎

代表的な病気に「根尖性歯周炎」があります。

歯髄壊死

虫歯をひどくし放置すると歯髄炎を発症し、歯髄はやがて死んでしまいます。これを「歯髄壊死」といいます。歯の内部には多数の細菌が住んでおり、壊死した組織は放置することで腐敗します。歯髄が病巣を拡大すると、やがて膿を発生させるのです。歯根組織の総合的な腐敗は歯の土台を失いますから、やがて歯そのものが抜けることになるでしょう。

歯髄壊疽

歯周病が進行すると歯そのものが腐敗を伴った歯髄壊疽(しずいえそ)の状態になります。歯根の周囲の組織に細菌が増殖し、病巣が拡大して炎症と膿の発生した状態を「根尖性歯周炎」といいます。症状がここまで進行すると、歯の周囲を歯根から覆う「歯髄膜」にも影響を及ぼし、増殖した細菌が歯髄膜も蝕んで、抜歯の必要となる場合もあります。

化膿の進行

歯根の炎症が広がると化膿が歯槽骨の内部まで溜まり、激しい痛みとともに歯茎や皮膚に穴を開け、膿が口腔内や頬の外に漏れることもあります。
それでは、このような症状はどのように治療していけばいいのでしょう。

感染根管治療

代表的な治療法として、「感染根管治療」が挙げられます。これは、歯の内部で増殖した菌を腐敗物とともに掻爬(そうは)する治療法です。

困難を伴う治療

歯の根の根幹の部分はとても複雑な構造をしており、感染根管治療は本来は難しい治療法です。成功率は60〜80%程度とも言われています。治療中は、だ液の流入にも注意し、歯根根中に菌を入れないことが大切です。

歯根膜を失うまでは

感染根管治療は、周囲の歯も含めて健康にするほど効果がありますが、歯の根本的な作用である歯質の再生や強化の働きは弱くなります。弾性を失った歯は安定した強度が保たれないため、噛む力で歯そのものが割れることがあります。

最終的には規則的な歯磨き

ここまで治療をすすめると、歯茎を含めて口腔内に構造的な手を加えることになるでしょう。歯根膜には噛む力を微調整する性能もあり、過剰な力で歯の粉砕を防いでいるほどです。歯根膜を修復不能にしないためにも、歯と口のケアはブラッシングであることに変わりはありません。