みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯周病と診断される前に。あなたの歯ぐきの違和感はどれ?

歯周病と診断される前に。あなたの歯ぐきの違和感はどれ?

あなたの歯ぐきは大丈夫ですか?

30代の8割、60代の9割にその兆候が見られるとも言われている歯周病はとても身近な病気で歯槽膿漏とも呼ばれています。一般的な出血や腫れ・ぐらつきなど、自分でも見分けられる違和感と共に、それぞれの歯周病の危険性と予防について紹介していきます。

歯周病とは

歯周病は、口の中に残った歯垢(食べかす)の中の細菌が感染して起こる炎症疾患です。歯と歯茎の隙間の歯肉溝(歯周ポケット)に清掃が行き届かずに歯垢がたまると、そこから細菌が繁殖し炎症を起こします。症状が進むと、歯周ポケットの溝が広くなり、歯の根っこが溶け、歯が抜け落ちてしまいます。このように歯を失う原因の一位が歯周病なのです。
また、歯周病は口の中だけにとどまらず、体のあらゆるところに悪影響を及ぼす危険があります。

歯周病の危険

歯周病は放っておくと危険な病気です。歯の根っこの部分が溶けていき、歯が抜け落ちてしまいます。また、口の中だけでなく、歯周病の原因となる細菌が血管を介して体の中に入り込み、様々な病気を引き起こす可能性があります。

心筋梗塞

歯周病の原因となる細菌が動脈硬化を誘導する物質を出すことで、血管内の通り道が細くなり、心筋梗塞を引き起こします。

糖尿病

歯周病になると、糖尿病が悪化するということが最近明らかになってきました。歯周病は糖尿病にかなりの悪影響を及ぼしています。

早産の原因

女性は妊娠をすると、歯周病にかかりやすいと言われています。その原因は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが、歯周病の原因菌の標的となるからです。口の中のケアを怠ってしまうと、低体重児早産の危険が高くなることが分かっています。
この他にも、誤嚥性肺炎や、脳梗塞、骨粗鬆症などの原因のひとつに、歯周病が関わっていると言われています。

歯周病かもしれない口の中の違和感

歯周病の兆候として、口の中で様々な違和感を感じることがあります。以下の項目で当てはまるものがある人は、歯科医院への相談をおすすめします。

・歯を磨いたときに歯茎から血が出る
・口臭が気になるようになった
・歯肉にかゆみや痛みを感じる
・歯肉が腫れている
・歯のグラつきを感じる
・朝起きたら口の中がネバネバする

1項目でも当てはまれば要注意です。全項目に当てはまるとかなり歯周病が進行していると言えるでしょう。

歯周病になりやすい要因と予防

歯周病は口の中のトラブルですが、磨き残しなどで残ってしまった歯垢から細菌が発生すること以外にも、様々な要因が歯周病発生に関係してきます。

ストレス、疲労を溜め込んでしまっている

ストレスは体のホルモンバランスを崩し、免疫機能の低下を引き起こします。免疫機能が低下すると歯周病菌の繁殖を招くのです。
歯磨きはもちろんですが、リラックスできる時間や睡眠も大事です。

あまり噛まずに飲み込んでしまう食事をしている

噛む動作は口の健康に必要不可欠です。噛むことによって殺菌作用のある唾液が出て口の中を清潔に保ちます。つまり、噛まずに飲み込むということは唾液が少量しか出ず、口の中の細菌が繁殖しやすくなるということです。
よく噛んで食事を摂るようにしましょう。目安として1口に30回の咀嚼が理想です。

タバコを吸う

タバコを吸うと全身の血管が収縮することが知られています。歯茎の血管もその影響を受けます。血管の収縮は血量を少なくし、歯茎が痩せ衰えて歯周病になりやすい環境になります。
禁煙が一番の予防となります。

甘いものなどの間食をよくする

糖分は歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を繁殖させやすくします。また、間食が多いということは、それだけ歯垢が溜まるリスクが高まるということです。
チョコレートやケーキ、スナック菓子など糖分を多く含む食べ物はなるべく控え、間食も減らしましょう。

口の中に違和感を感じた人は、こういった生活習慣面を見直す必要があるかもしれません。

違和感を感じたら歯科医院へご相談を!

皆さんの今の口の中の状態は、どうでしょうか?今回紹介したような、違和感を少しでも感じている人は、歯科医院への相談をおすすめします。放っておくと、口の中だけでなく、体全体の健康にまで危険にさらすことになるかもしれません。