みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

大人の虫歯は自覚がない?放置しておくとどうなる?

大人の虫歯は自覚がない?放置しておくとどうなる?

静かに忍び寄る大人虫歯のリスク

歯に痛みがあってもその後痛みがなくなった場合や痛みがない場合など、虫歯じゃないだろうと放置している方が多いようです。でもそれは実は「大人虫歯」になっていることがあるのです。
「大人虫歯」とはどういうものなのでしょう。「大人虫歯」と虫歯を放置しておく事の危険性について紹介していきます。

大人の虫歯はなぜ気づきにくい?

「大人虫歯」とは文字どおり、大人になってからの虫歯のことです。子供の虫歯との違いは痛みを感じにくく、そのため進行しても気づきにくいことです。
大人になってからの虫歯はなぜ気づきにくいんでしょうか?それは、子供と大人では虫歯のタイプが違うからです。子供虫歯は、歯が柔らかく神経も太いため、痛みを感じやすく、虫歯の進行が速い「進行性の虫歯」のタイプであることが多いのです。
これに対して大人虫歯は、進行がゆっくりで、痛みを感じることが少なく、歯が黒くなっているような状態の「停止性の虫歯」のタイプです。この状態を「慢性う蝕」と言います。このタイプの虫歯であることが、大人虫歯の気づきにくい原因なのです。

大人虫歯になる原因と特徴

虫歯になる原因として、歯磨きの不足によって残った歯垢が口の中の細菌の酸を作り出す手助けになり、唾液の再石灰化が追いつかず歯が溶けてしまうのものが一般的ですが、大人虫歯には大人特有の原因もあります。

歯根部分に虫歯原因菌が付着

大人は加齢や歯周病が原因で、歯茎が後退し、歯の下の部分にあたる歯根部分が露出してしまいます。そこに虫歯の原因菌が付着することで、虫歯が発生してしまいます。歯根部分は、歯の表面のエナメル質よりも柔らかい象牙質と呼ばれる物質で出来ています。この部分に虫歯の原因菌が付着すると、虫歯になりやすくなります。
歯茎の後退により歯と歯ぐきの境目に虫歯ができるのも大人虫歯の特徴です。

詰め物、被せ物の中の虫歯

大人になるにつれ、虫歯の治療痕も多くなってくる方が割合的に高くなってきます。過去に行った虫歯などの治療で、詰め物や被せ物をしている部分から、虫歯が発生してしまうことがあります。特に、詰め物や被せ物の内側に虫歯が発生してしまうと、気づかないうちに、進行が進んでいる場合があります。また、その時の治療で歯の神経を抜いた場合、あまり痛みを感じないため、発見が遅れてしまう場合があります。

歯の痛みが急に無くなったら危険信号

歯に穴が開き、黒くなった部分が痛い。けれど、そのままにしていたらある日突然、痛みが無くなった。このような状態は、歯の中の神経が死んでしまっているケースがほとんどです。
痛みを感じないため骨の中に膿が溜まっても気づきません。そして、この部分から細菌が全身に回り「歯原性菌血症」になることもあります。人間の体液である脳脊髄液・関節滑液・精液・尿などに細菌が進入し、様々な病気を引き起こすのです。人間の身体には免疫機能があるため、細菌が侵入してもすぐに病気にはなりませんが、体力の衰えや体調不良などで免疫機能が低下すると、様々な疾患が起こります。最近の研究ではこの「歯原性菌血症」が動脈硬化の一因でもあると指摘されています。
この状態になる前に、少しでも痛みや異変を感じたら、歯科医院へ相談しましょう。

日頃のケアが大切

今回は、大人虫歯について紹介してきました。紹介したように、大人虫歯は気づきにくい事が多いのが事実です。自分の歯を少しでも守るためには、歯ブラシやデンタルフロスなど、日頃の口の中のセルフケアが重要になってきます。また、定期的な歯科医院への検診や歯垢の除去を行い、自分の歯の状態を知ることも大切です。