みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

今さら聞けない、歯周病(歯槽膿漏)になる原因は?

30~50歳代の約8割がかかっている歯周病

厚生労働省が3年ごとに実施している患者調査の平成26年調査によると、歯肉炎及び歯周疾患の総患者数は331万5,000人です。年代別の歯周病有病率は、20歳代で約7割、30~50歳代で約8割、60歳代で約9割といわれています。今回は、国民病ともいわれている歯周病(歯槽膿漏)の原因や対策について紹介します。

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病(歯槽膿漏)は、お口の中の歯周病菌から出てきた毒素の影響で、歯茎や歯を支えている骨が破壊されていく病気です。歯周病は歯茎だけの病気と思っている方が多いかと思いますが、放っておいて進行すると、あごの骨も溶かしてしまう骨の病気でもあるのです。ひどくなると、歯茎も破壊され、歯を支えている骨も溶けてしまうので、歯がポロッと抜け落ちてしまいます。

歯周病はどのように発症するのか

ほとんどの方のお口の中には、歯周病菌が存在しています。しかし、歯周病菌がお口の中にいるだけで歯周病になるのではありません。歯周病菌に対して、体が過剰反応を起こした時に歯周病を発症するのです。

ケアをしないと菌が増加

ほとんどの方のお口の中には歯周病菌がいます。歯磨きなどのケアをしっかりしなかったり、生活が不規則になってくると、歯茎が炎症を起こして腫れてしまいます。歯茎が腫れるとその後、歯と歯茎の隙間や溝が深くなり歯周病菌が住みやすくなるので数が増えてしまいます。その中にはタチの悪い菌も存在していてその菌も増えてしまうのです。

体の免疫が戦い始める

歯周病菌の総数やタチの悪い菌が増えてくると歯茎やあごの骨などを守るために、体の免疫が菌に対して立ち向かい戦い始めますが、数が増えすぎると対応できなくなり、歯に歯周病菌がくっついてしまいます。

歯周病菌だらけになると歯を攻撃してしまう

お口の中が歯周病菌だらけになってしまうと、菌と戦っていた免疫が今度は歯を攻撃してしまいます。免疫は歯を異物と判断してしまい排除しようとして、歯を支えているあごの骨も溶かしてし まうのです。

歯周病が悪化

免疫はある一定のラインを超えてしまうと、味方から敵に変わってしまいます。この免疫の働きによって歯周病は悪化してしまうのです。

歯周病はどうやって進行していくのか

歯周病は歯肉炎→軽い歯周炎→中程度の歯周炎→重症の歯周炎という流れで進行していきます。近年、歯周病を悪化させて歯を失ってしまう方が増えています。

歯肉炎

歯肉炎は、初期の歯周病です。歯茎が腫れて、少しずつ歯茎が破壊されている状態です。歯肉炎の段階であればほとんどの場合、元の状態に戻すことができます。

軽い歯周炎

軽い歯周炎は、歯茎だけでなくあごの骨が溶け始めた状態です。軽い歯周炎の段階であれば、まだ歯を抜かなくても済みます。

中程度の歯周炎

中程度の歯周炎は、あごの骨がかなり溶けてしまった状態です。中程度の歯周炎の段階では、痛みが出たり、歯がグラグラ揺れるといった症状が出てきます。まだ、歯を抜かずに済む可能性はあります。

重症の歯周炎

重症の歯周炎は、あごの骨がなくなってしまい、いつ歯が抜けてもおかしくない状態です。再生療法を実施すれば歯を抜かずに済む可能性もありますが、重症の歯周炎の状態では、抜歯になるケースも多いです。

歯周病と上手に付き合う

歯周病を完治させることは難しいですが、コントロールすることはできます。歯周病になってしまった時の最善策は、しっかりとコントロールしながら上手に付き合っていくことでしょう。

歯医者さんで治療を受けるだけでは、歯周病のコントロールはできません。歯周病治療においては患者さんご自身でのセルフケアがとても大切になります。歯医者さん任せではなく、自分でもしっかり治療に参加し、一緒に直していく気持ちをもつことで、お口の健康を保つことができるのです。