みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

虫歯治療中の口臭が気になる方へ

虫歯治療中の口臭が気になる方へ

虫歯治療中の口臭の原因とは

歯医者さんで虫歯を治療すると、お口の中がきれいになるので口臭がなくなると思いますよね。でも、虫歯を治療している途中に口臭が気になる方がいます。なぜ、虫歯治療中なのにお口の中がにおうことがあるのでしょうか?
その原因と対策について説明します。

なぜ、虫歯治療中に口臭がするのか

簡単に言いますと、虫歯がかなり進行していて、治療中の歯から内部に溜まっていた膿などのにおいが出てきているということです。進行した虫歯は治療に時間がかかり、治療中は完治するまでそのにおいが口臭となって出てきてしまうのです。
また、治療中に用いた薬のにおいもすることがあります。どのようなにおいなのか、気になったら歯医者さんに相談することをお勧めします。

治療中に口臭がする主な原因となる病気

虫歯がかなり進行すると、歯の表面だけでなく歯茎や骨にまで影響を及ぼし、神経や歯茎の細胞を破壊してしまいます。
そのような状態になると治療にかなりの時間を要し、口臭も完治するまでなくならないといった大変な状況となります。

歯髄炎

虫歯が進行して、細菌が歯の神経の部分(歯髄)まで達して炎症を起こした状態を歯髄炎といいます。ここまで虫歯が進んでしまうと炎症を起こしている歯の神経を除去して、人工の材料を詰める治療(根管治療)をしなければなりません。治療に時間がかかっている場合は、この根管治療をしている可能性があります。
細菌感染している神経を全部除くのは難しく、少しでも神経が残ってしまうと後々トラブルが出てくる場合があります。そのひとつが口臭です。神経が腐ってしまうと強烈なにおいがしてしまうのです。

根尖性歯周炎

歯髄炎がさらに進行して、それを放置しておくと歯の神経が死んでしまいます。さらに放置を続けると、歯の内部にとどまるたくさんの細菌によって壊死した神経が腐ってしまいます。
やがて、歯根の尖端にある血管などが入ってくる孔から歯根の周囲に感染が広がり、病巣が拡大していきます。その結果、歯根の尖端に炎症が起きて膿がたまります。この状態を「根尖性歯周炎」といいます。
歯茎に白いニキビのようなものができることがあります。これは歯根の尖端にたまった膿が出てきたものです。膿はくさく、口臭の原因になります。
根尖性歯周炎になったら、感染した神経や腐敗物、細菌を取り除く「感染根管治療」が必要になります。

治療方法

虫歯が進んで「歯髄炎」になってしまうと「根管治療」が必要になります。また、歯髄炎を放置しておくと歯根の尖端に炎症が起きて膿がたまる「根尖性歯周炎」になってしまい「感染根管治療」が必要になります。

根管治療とは

歯の神経が入っている穴をきちんと清掃、殺菌し歯根の周囲に晴れや炎症を起こさないようにする治療ことです。根管治療の経過が悪いと噛むたびに痛みが出たり晴れを引き起こすので、とても大切な治療となります。

感染根管治療とは

歯根の先端に膿が溜まった部分を「根尖病巣」と呼び、細菌によって侵された歯の神経管を「感染根管」と呼びます。この感染根管をきれいに取り除く治療のことを感染根管治療と言います。この治療法は症例によっては難しいものとなり、成功率が60〜80%といわれています。うまく治療が進まなければ、治療途中で口臭が起こる可能性があります。

早めの治療と予防が大切

虫歯治療中に口臭がするのは、虫歯がひどくなった状態のことが多いです。痛くないからといって虫歯を放置することなく、早めに歯医者さんに行くことが口臭を防ぐ一助となります。
また、虫歯が進み、歯髄炎、根尖性歯周炎になってしまった場合は慌てることなく、歯医者さんと相談しながらじっくり、そして一緒に治していく姿勢が大切かと思います。