みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯周ポケットの深さと口臭の関係

歯周ポケットの深さと口臭の関係

歯肉溝が深くなると

歯周ポケット・歯肉溝という言葉は、歯みがき粉や薬用液体ハミガキのCM、健康番組などで聞いたことがあるかもしれません。歯肉溝はどんな人にもあり、人によって溝が浅い・深いなどの違いがあります。

歯肉溝はプラーク(歯垢)が溜まりやすい箇所です。歯と歯茎の付着部分が歯周病菌の感染によって破壊されると、歯と歯茎のあいだに病的な隙間(溝)ができてしまいます。この病的な溝を歯周ポケットと呼んでいます。

歯周ポケットが深くなるほど歯周病が進行していることとなり、口臭もそれによってひどくなることが知られています。

歯周ポケットって何?

歯肉溝は、歯と歯茎のあいだの溝のことを指します。健康な方は0.5mm〜2mm程度ですが、歯肉溝にプラークがたまり、歯茎が炎症(歯肉炎)で腫れると盛り上がって歯肉溝が深くなり歯肉ポケット(仮性ポケット)ができます。

歯肉炎がさらに進行した状態(歯周炎)になると、歯茎の腫れや出血だけでなく、歯と歯茎の境目の部分が壊れて溝が深くなり、歯周ポケット(真性ポケット)を形成します。

歯肉炎では歯肉ポケット

歯周病の初期の段階(歯肉炎)では、炎症が歯と歯茎に限局し、歯と歯茎の境目が赤く腫れたり、出血したりします。

歯肉炎になると、歯肉溝にプラークがたまり、歯肉が炎症で腫れて歯肉ポケット(3mm〜5mm程度)になります。この段階では、炎症が歯の頸の部分に限られているので、早く発見して歯と歯茎のあいだにたまっているプラークを歯ブラシなどで取り除くことができれば、歯を健康な状態に戻すことは可能です

軽度歯周炎で歯周ポケット

軽度歯周炎の状態は、歯肉の腫れが大きくなり、根の先に炎症が拡大し、歯槽骨や歯根膜も破壊されはじめます。歯根膜が崩れると膿が出て、強い臭いを発します。だから、膿が出れば出るほど口臭が強くなってしまうのです。ポケットも根の先に向かって深くなり(4mm〜5mm程度)歯周ポケットになります。

中等度歯周炎になると歯がぐらつく

中等度歯周炎になると、炎症がさらに根の方に向かって拡大し、歯槽骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつきはじめます。歯周ポケットもさらに深く(5mm〜7mm程度)なります。

重度歯周炎になってしまうと

重度歯周炎になってしまうと、歯周ポケットが7mm以上になります。炎症はさらに根に向かって拡大し、歯槽骨は半分以上破壊され、歯がグラグラになってしまいます。

歯周ポケットと口臭

歯周ポケットができることが歯周病の特徴のひとつです。歯周ポケットは口の中の細菌の格好のすみかになってしまいます。歯周ポケットが深くなれば深くなるほど細菌が増えてしまうのです。細菌の中でも嫌気性菌(酸素を嫌う菌)は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンを産生します。これが口臭の原因になるといわれています。

硫化水素

硫化水素は口臭の大きな原因で、卵の腐ったような臭いによく例えられます。硫化水素はそれほど濃度が高くなくても、暴露の時間が長いと呼吸や体調に悪影響を与えることがあります。

メチルメルカプタン

メチルメルカプタンは、口臭の原因になる揮発性硫化化合物のことをいいます。歯周ポケットにたまった歯石によって発生し、玉ねぎのようなにおいがします。メチルメルカプタンは、歯周病が進むにつれて増えていき、さらに歯周病を悪化させるため口臭の悪循環に陥ってしまうのです。

まとめ

軽度歯周炎の段階から歯周病による口臭が出ると考えられています。また、歯周ポケットが深くなれば深くなるほど、嫌気性菌が増殖し口臭の原因物質を産生してしまいます。できれば、歯周炎になる前の歯肉炎の段階で食い止めたいですよね。歯茎が腫れたり、歯みがきの時出血するときは、ぜひ歯医者さんに相談してみてくださいね。