みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯肉溝、歯周ポケットとは?

歯肉溝、歯周ポケットとは?

歯周ポケットって、知っていますか?

歯周ポケットケアを強調したCMで、歯のキャラクターが歯周ポケットの中をチラチラみせたり、歯を抜いてみたり、忍び寄ってきたりする場面を見たことがある人は多いかと思います。歯周ポケットができてしまうことが歯周病の特徴のひとつ。知らないあいだに歯周病になっている方も多いです。40歳を過ぎた日本人の約8割が歯周病といわれ、もはや国民病です。歯を失う原因の第1位は歯周病ともいわれています。今回は歯周病の特徴のひとつである「歯周ポケット」について書いていきたいと思います。

歯周ポケットになる前は?

歯と歯肉のあいだの溝のことを「歯肉溝」といいます。健康な方は0.5mm~2mm程度ですが、歯肉溝にプラーク(歯垢)がたまり、歯周病菌が原因で歯肉が炎症(歯肉炎)で腫れると盛り上がって歯肉溝が深くなり「歯肉ポケット(仮性ポケット)」ができます。歯肉炎がさらに進行した状態(歯周炎)になると、歯肉の腫れや出血だけでなく、歯と歯肉の境目の部分が壊れて溝が深くなり、「歯周ポケット(真性ポケット)」を形成するのです。

歯肉溝

「歯肉溝」は、歯と歯肉のあいだの溝のことで誰にでもあり、人によって溝が浅い・深いなどの違いがあります。健康な歯肉の歯肉溝は2mm以下といわれています。健康な歯肉はうすいピンク色で引き締まっていて、ブラッシングで出血することはありません。歯肉溝にプラークがたまることで歯周病がはじまるのです。

歯肉ポケット

歯と歯のあいだの歯肉が丸みをおびて腫れてきたら、歯肉炎と考えてよいでしょう。歯肉炎は歯周病の初期の段階です。炎症は歯と歯肉に限局し、歯と歯肉の境目が赤く腫れたり、出血したりします。

歯肉炎になると、歯肉溝にプラークがたまり、歯肉が炎症で腫れて「歯肉ポケット」(3mm~5mm程度)になります。この段階では、歯肉が炎症しているだけなので、早く発見して歯と歯肉のあいだにたまっているプラークを取り除くことができれば、歯を健康な状態に戻すことができます。

歯周ポケット 4mm~5mm

歯がすいてきたように見えたら、軽度歯周炎かもしれません。軽度歯周炎の状態は、歯肉の腫れが大きくなり、根の先に炎症が広がって、歯槽骨や歯根膜も破壊されはじめます。ポケットも根の先に向かって深くなっていき(4mm~5mm程度)「歯周ポケット」と呼ばれるようになります。深くなった歯周ポケットにはプラークや歯石がたまり、深い部分にあるプラークに含まれる細菌は毒性が強いので、歯槽骨を溶かしてしまいます。

歯周ポケット 5mm~7mm

歯が長くなったように感じたら、中等度歯周炎を疑います。中等度歯周炎になると、炎症がさらに根の方に向かって広がって、歯槽骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつきはじめます。「歯周ポケット」もさらに深く(5mm~7mm程度)なります。歯周ポケットが深いため、歯肉に隠れたところに歯石がついてしまいます。そのため、さらに炎症が進んでしまうのです。

歯周ポケット 7mm以上

さらに歯が長くなったように感じたり、歯肉が丸みをおびて腫れてきたら重度歯周炎になってしまったと考えてよいでしょう。重度歯周炎になってしまうと、「歯周ポケット」が7mm以上になります。炎症はさらに根に向かって広がって、歯槽骨は半分以上破壊され、歯がグラグラになってしまいます。

まとめ

0.5mm~2mmの「歯肉溝」は誰にでもあります。この歯肉溝にプラークがたまり、歯肉が炎症を起こして(歯肉炎)腫れて盛り上がり、歯肉溝が深くなると「歯肉ポケット」と呼ばれ、さらに炎症が進行した状態(歯周炎)になると、歯肉の腫れや出血だけでなく、歯と歯肉の境目の部分が壊れて溝が深くなり、「歯周ポケット」と呼ばれるようになるのです。

「歯周ポケット」と呼ばれる状態になる前に歯医者さんに相談すれば、歯は健康な状態に戻すことが可能です。歯を失うことを防ぐために、ぜひ早めの相談してくださいね。