みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯が痛い=虫歯とは限らない。痛みの原因は?

歯が痛い=虫歯とは限らない。痛みの原因は?

歯が痛むけど虫歯ではなく原因が分からない!この痛みをどう扱えばいいの?

痛みがあっても虫歯ではないケースとその原因について分類し、さらに歯が原因ではない歯の痛みについてもご紹介します。

虫歯ではないのに痛みを感じる

虫歯ではないけど痛みを感じる状態のことを「非歯原性歯痛」と呼びます。非歯原性歯痛は、その種類から8つに分類されます。

筋・筋膜性歯痛

食べ物を噛む時に使う筋肉や首の筋肉、さらにこれらの筋肉を覆う筋膜の痛みが原因で起こる関連痛のことです。関連痛とは、痛みの原因から離れた位置で起こる痛みのことを言います。この痛みは、側頭筋、咬筋など、ストレス等などから歯を食いしばることで筋肉の緊張状態を作ることから生じます。筋・筋膜性歯痛であるか識別する方法は、咀嚼筋のトリガーポイント(圧迫して痛みを感じる部分)を5秒間圧迫し、痛みを感じるか確認します。最近は、仕事など長時間同じ姿勢でパソコン作業することなどから発生することが多くあるようです。時間を決めて休憩をとるなど、緊張を和らげることで防ぐことができます。

神経障害性歯痛

神経障害性の疼痛を原因とする痛みで、主に2つのタイプに分類されます。一つは、三叉神経の痛みを原因とする発作性の激痛で、もう一つは帯状ほう疹や帯状ほう疹の後遺症による持続性のある神経痛です。炎症や腫瘍で、神経が障害されることで発生すると考えられています。神経障害性歯痛であるかについては、発作的な痛みの生じるタイミングを把握することで鑑別します。

神経血管性歯痛

頭痛に関連して起こる、歯の痛みです。

「非歯原性歯痛」のうち、以下からは歯を原因としない歯痛の説明です。

上顎洞性歯痛

上顎の副鼻腔に炎症や腫瘍を発生して起こる関連痛です。

心臓性歯痛

狭心症、心筋梗塞、心膜炎など、心臓の病気を原因とします。心臓病を患っていたり、運動して心臓に負担のかかる場合の痛みを確認することで分かります。

精神疾患または心理社会的要因による歯痛

不安や抑うつなど、社会心理的な要因を背景とする歯の痛みです。強い不安感やうつを持っていないか確認します。さらに、原因確認には紙で質問したり心理テストをすることもあります。

特発性歯痛

検査をしても原因の分からない歯痛を、特発性歯痛と呼びます。

そのほかのさまざまな疾患により生じる歯痛

悪性リンパ腫、肺がんなど、その他の病気を原因とする歯の痛みのことです。

原因確認と診断

虫歯と歯周病の有無を確認する必要があります。問診、視診、X線などで診察したのち、CTやMRIを撮影し、検査することで明らかとなります。非歯原性歯痛の検査を扱っていない歯科もあるので、疑いのあるときは歯科口腔外科に問い合わせる必要があります。または、日本口腔顔面痛学会のホームページを確認しましょう。この痛みは、しばらく期間を置くことで、その痛みを発生しないことがあります。しかし、本質的な治療を行うわけではないため再び痛むことになります。歯の治療には、削ったり抜いたり神経を抜いたり、もとに戻せないものもあります。歯を失うことにならないためにも、普段から痛みに対する対応を励行する必要があるでしょう。