みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

虫歯の進行スピードを遅くできる?

虫歯の進行スピードを遅くできる?

虫歯の進行スピードを遅らせる方法

虫歯ができる原因としては、主に細菌と糖が関わっています。歯磨きの際に磨き残した食べ残しが、口腔内でプラーク(歯垢)となり虫歯の発生源となります。

虫歯の原因

虫歯菌と一般的に呼ばれているものが「ミュータンス連鎖球菌」です。ミュータンス連鎖球菌は基本的に誰の歯にも住み着いている菌で、食べかすを栄養にバイオフィルムのもとを構築します。バイオフィルムのもとにはさらにその他の細菌が付着し、バイオフィルムが完成するのです。このバイオフィルムと呼ばれるものが、プラークの正体であり歯の表面にくっつきます。プラークは、ショ糖、ブドウ糖、果糖などを栄養に酸を発生し、この酸が蓄積して歯の表面を溶かし、虫歯となっていくのです。

虫歯の進行を遅らせるために

虫歯の進行は、意図的に遅らせることができます。できてしまった虫歯をなくすことは基本的にできませんが、進行を遅らせることで、治療にかかる期間、費用、身体的な苦痛を抑えることはできるでしょう。

進行を遅らせる意味

そういう意味でも、一生考えていかなけれならない虫歯の問題に、進行を遅らせるための努力はオーラルケアとして効果的と言えるでしょう。虫歯の進行を遅らせるための具体的な方法は、虫歯の温床であるプラークを残さないことです。

具体的な方法

歯磨きをしっかり行って食べかすを残さないことや、就寝前に必要のない食べ物を摂取しないことなどが、効果的な対策となります。もちろん、食事の摂取も大切なことです。どうしても食べ物を摂取した場合は、忘れずに歯磨きして口腔内の食べかすを除去できれば問題ありません。

生活環境から歯の健康を守る

虫歯の原因プラークが形成される原因を、元から断つことが効果的です。朝昼晩の食事を規則正しく決まった時間にとり、不要な間食は避けましょう。

歯磨き、フロス、歯間ブラシ

食事が終わったらなるべく早く歯磨きをして、口の中に食べかすを残さないようにします。できれば、フロスや歯間ブラシを使い、歯の付け根や歯と歯の間につまった食べかすも丁寧に取り除きます。

フッ素

極めて初期の虫歯「初期エナメル質う歯(C0)」であれば、現在は削るなどの処置は行なわず、フッ素を塗布することで歯の再石灰化を待ちます。歯磨き粉も、フッ素の配合されたものを使用するなどし、普段の生活から虫歯の予防をするのです。

キシリトール

近年では、キシリトールなどの人工甘味料が含まれたガムも販売されています。虫歯の原因となるショ糖、ブドウ糖、果糖ではないため、キシリトールで虫歯になることはありません。キシリトールにより歯の再石灰化が進むとも言われており、進行を遅らせるとともに虫歯予防にも効果的です。

サホライド

虫歯の進行を遅らせるための決定的な方法として、サホライドを塗布するというものがあります。フッ化ジアンミン銀、商品名「サホライド」を歯の表面に塗ることで、虫歯の進行を止めることができます。成分である銀が虫歯にくっついて酸化するため、歯の表面が黒くなりますが、昔からある効果的な方法として知られています。

虫歯を防ぐ根本的な対策

食事や食後の対応を工夫することで、出来てしまった虫歯の進行を遅らせることはできます。同時にそれらは、虫歯の予防にも効果的な対策です。早い段階で対策を講じることで虫歯を発生の段階から防ぐことも可能です。いつまでも自分の歯で食事できるよう、歯磨きを励行するなどして予防から考えることが重要です。