みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

最大の口臭源、舌苔(ぜったい)の発生源

最大の口臭源、舌苔(ぜったい)の発生源

口臭の最大の原因でもある舌苔の原因と予防法とは

鏡で自分の舌を見た時、舌の表面が白く汚れていることがありませんか?その舌の汚れは「舌苔」と呼ばれるものです。舌苔は、舌の表面のすき間に食べかすなどの汚れが溜まってできるものです。舌苔は誰にでもありますがコレが厚くなってくると、味覚を感じにくくなったり、口臭の元になってしまいます。

今回は、この舌苔が発生する原因や予防法を解説していきます。最近口臭が気になる方はぜひ一読することをおすすめします。

舌苔が発生する原因

舌苔ができてしまう、原因は様々です。どうやったらできやすくなるのかをいくつか紹介していきます。

口内ケアの不足

歯磨きなどの口内ケアを怠ってしまうと、不衛生な状態になってしまいます。そのため口内で細菌が繁殖しやすくなり、舌苔ができやすくなってしまいます。

この他にも、加齢などの原因による舌の表面の角質化で、舌や口内の上皮が剥がれてしまい、舌の上に溜まったモノが舌苔になってしまいます。

唾液量の減少

口内の唾液量が減ってくると、舌苔ができやすくなってしまいます。唾液量の低下は、舌の機能低下が影響しています。舌の動きが悪いと、唾液の分泌量が低下し口内の汚れを十分に落としきれなくなります。そのため、舌苔もできやすくなってしまいます。舌の動きが悪くなる要因として、加齢や疾患などが考えられます。

口内の乾燥

タバコやストレス、病気や薬による副作用などが原因で、口内が乾燥状態にあると、舌苔ができやすくなってしまいます。口内が乾燥で、唾液の分泌が少なくなり、細菌が溜まりやすくなってしまうことが、舌苔ができやすくなる原因になります。

胃腸の状態

舌苔ができる原因の中には、口内の状態異常の他にも胃腸の状態が挙げられることがあります。胃腸の状態は、体全体の免疫力に関わるため、胃腸が弱り免疫力低下がみられると、細菌への抵抗力低下が口内にも現れ、舌苔ができやすくなってしまいます。

舌苔を除去・予防する方法

では、舌に付着した舌苔をどのように除去したらいいか、そしてなるべく付着させないための予防法について解説していきます。

舌苔の除去方法

舌苔の除去をする場合、気をつけなければいけない点があります。歯ブラシなどで舌をゴシゴシとこすって舌苔を落としてはいけません。舌の粘膜が剥がれ角質化してしまい、その部分を修復しようとさらに舌苔が付着しやすい状態を作り出してしまいます。また、ゴシゴシこすった際に出血してしまう可能性があり、その部分に細菌が付着しやすくなってしまい、かえって口内環境を悪化させることがあります。

舌苔除去をするときは、舌苔専用のやわらかいブラシやガーゼなどを使い、やさしくこすって落とすようにしましょう。

舌苔の予防

舌苔を予防することはすなわち、「唾液の分泌量を増やし口内を健康的な状態に保つこと」が大切です。この状態を維持するためには以下のことに気をつけましょう。

・食事の際はよく噛んで食べることで、唾液の分泌を促す
・適度な水分補給で口内の汚れなどを洗い流す
・口呼吸ではなく、鼻で呼吸することを心がける
・1日1回は時間をかけて歯を磨く(就寝前がとくに良い)
・睡眠など、生活習慣を見直し免疫力低下を防ぐ

まとめ

最近口臭が気になっている方は、舌の上の舌苔を中心をした口内環境を見直してはいかがでしょう?口臭には様々な原因が考えられますが、特に口臭原因に大きな影響を及ぼしていると言われているのが舌苔による口臭です。日頃の口内ケアや生活習慣の見直しに加え、歯磨き後の舌のケアを加えてみれはいかがでしょう?