みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯周病予防を自宅で!今日から試したい歯間ケア

歯周病予防を自宅で!今日から試したい歯間ケア

歯間ケアの方法と種類の紹介

毎日の歯のケアを歯ブラシだけで済ませていませんか?虫歯や歯周病など、歯のトラブルを予防するためには、歯と歯の間のケアまで行うことが重要になってきます。今回は、歯間ケアについて取り上げていきます。

歯間ケアはなぜ必要なのか?

歯と歯の間の歯垢は、歯ブラシだけでは、なかなか取り除けません。通常の歯ブラシだけだと、お口全体の汚れの60%程度しか歯垢が取り除けないのです。残った歯垢は、時間が経つと固まってしまい歯石となります。歯石になると家庭のケアでは、取り除くことが厳しくなります。そのまま放っておくと、虫歯や歯周病、口臭の原因になってしまいます。
最悪の結果を招かないためにも、いちど固まった歯石を歯科医院で除去し、歯ブラシと歯間ケアを併用して予防を行うことが大切になってきます。コレにより、口内の歯垢除去率は約90%にまで上昇します。

歯間ケアの種類

歯間ケアと言っても、やり方は様々なです。この項目では、いくつかの歯間ケアの方法を紹介します。

・デンタルフロス
糸巻きタイプから、初心者にも使いやすい取っ手の付いたホルダータイプがあります。ホルダータイプのデンタルフロスは、形によって上の歯に適したモノや下の歯に適したモノがあります。慣れてくると、糸巻きタイプのモノに替えていくことをオススメします。こちらは上下の歯関係なく使うことができます。

・歯間ブラシ
歯間ブラシは、歯と歯の間の歯垢を除去することに特化したブラシです。こちらも大きさ、形状が様々です。あなたの歯のサイズに適したサイズや形状のモノを使うといいでしょう。
サイズがわからない場合は、かかりつけの歯科医院でオススメしてもらうといいですよ。

・マウスウォッシュ
液体という性質を活かして、口の中の細かい部分まで細菌の殺菌することができますが、デンタルフロスや歯間ブラシを使った後でないと、良い効果がでません。

デンタルフロスの使い方

ここからは、糸巻きタイプのデンタルフロスの使い方を解説していきます。

・デンタルフロスの持ち方
1 まずはじめにデンタルフロスを40cmほどの長さに切ります。指先からひじまでの長さが目安の長さです。
2 デンタルフロスの片方を左手の中指に数回巻きつけます。

3 次に、両手の間隔が10〜15cmほどになるように、右手中指にデンタルフロスがはずれないように巻きつけます。

4 両手の親指とひさし指でデンタルフロスをつまみ、ピンと張った状態にします。

・デンタルフロスの使い方
1 片方の手の指を歯の外側、もう片方の手の指を内側に入れていきます。歯と歯の間をスライドさせながら、ゆっくりと引き下げていきます。一気に下げると、歯茎を傷つけてしまう場合があるので注意しましょう。

2 デンタルフロスを歯にひっかけるように、上下にゆっくり動かし、歯の側面を掃除していき、挿入時と逆になるようにゆっくりと抜いていきます。

3 次の歯へ移る場合は、使用した部分をずらし、新しい部分で同じ操作を繰り返していきます。

なお、取っ手の付いたホルダータイプのときも、歯茎を傷つけないよう、ゆっくり動かしましょう。

歯間ブラシの使い方

ここからは歯間ブラシの使い方を解説していきます。歯間ブラシは、歯に挿入する際にきつく感じない、適切なサイズを選びましょう。

1 まずはじめに、歯茎に沿わせ斜めに当てていきます。

2 そのまま歯間ブラシをすき間に対し、ゆっくりと2,3回ほど前後へ水平に入れていきます。可能であれば、裏側からも同様に行うとより効果的です。

3 歯間ブラシでの歯の清掃が終わったあとは、口をすすぎましょう。

歯間ブラシは使用後に水でブラシ部分を洗い、乾燥させておきましょう。また、ブラシの部分の毛が乱れたら、新しいモノに取り替えましょう。

まとめ

歯ブラシだけでなく、歯間ケアまで行うことで口の中の歯垢除去率はグッと上がります。
このひと手間が、あなたの歯の健康を守るための重要な要素となります。ココ日本では、まだ普及率の低い歯間ケア。これまでやったことがなかった人は、早速今日から始めてみましょう!