みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

乳歯や生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすい

乳歯や生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすい

虫歯になりやすい子供の歯をどうやって守っていくか?

子供の歯は、とてもデリケートです。甘いものを頻繁に与えているわけでもないのに、虫歯になっていたり、乳歯や生えたばかりの永久歯が虫歯になるケースがよくあります。今回は、それらの虫歯の原因について、またケア方法について紹介していきます。

子供の歯はどうして虫歯になりやすいのか?

子供が虫歯になりやすい原因は、子供の歯の質に原因があります。乳歯は永久歯に比べて酸に弱く、エナメル質が薄く柔らかいという特徴があります。

虫歯は、歯垢の中のミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌が砂糖から酸を作り出し、エナメル質が溶かされる事によってできます。

子供の歯の特徴上、虫歯の進行は早く、5〜6ヶ月で神経まで到達してしまいます。

また、乳歯から永久歯へと生え変わった後も油断は出来ません。永久歯に生え変わってから2年間はまだ未完成な状態のため、永久歯と言えど歯がまだ柔らかく虫歯になりやすいので注意が必要です。

乳歯虫歯が引き起こす悪影響とは

どうせ最終的にははえかわるからと行って、乳歯の虫歯を放っておいてはいけません。乳歯が虫歯になることで、その後の永久歯の成長に悪影響を及ぼします。

偏食などの原因に

虫歯の痛みから、モノをよく噛むことが出来なくなってしまい、十分な唾液の分泌がされないことで、栄養吸収が悪くなります。その他に、固いものを食べなくなったりと、偏食になる原因にもなります。

永久歯の歯並びにも影響

乳歯が虫歯になってしまったことで、本来よりも早く乳歯を抜かなくてはいけなくなってしまうと、歯並びが悪くなりやすいです。顎が十分に発達する前に永久歯が生えてくるため、歯が重なってはえてきたりするのです。

歯並びが悪い状態で大人になると、歯磨きがしづらく歯垢の溜まりやすい状態がずっと続くことになり、虫歯や歯周病になりやすい環境を作り出してしまいます。

子供虫歯の主な原因

虫歯になりやすい子供の歯は、その歯の弱さ以外にも様々な要因が考えられます。

だらだら食べる

砂糖は、だらだら食べる方が一度に摂取するよりも虫歯になる確率が上がってしまいます。飴やガムやグミなどはだらだら食べてしまいがちになり、口の中に長い時間砂糖を滞在させることが、虫歯の原因になります。

舌を前に出す癖、ほおづえ

普段の生活の中で、本を読んだりゲームをしたり、夢中で何かを行っているときに、口を開けて舌がでていたり、飲み込む際に舌を突き出して歯を押すような動きをする舌癖。

ほおづえをついた状態の姿勢。

これらは後々歯並びに悪影響を及ぼし、虫歯になりやすい歯になってしまう可能性があります。

偏った食生活(やわらかいもの中心の食事)

やわらかい食べ物は、唾液の分泌が低下してしまいます。唾液は、虫歯菌が出す酸や再石灰化を中和する効果があります。効果が低下してしまうと、虫歯になりやすい状態になってしまいます。

また、やわらかい食べ物は、筋肉をあまり使わず食事をしてしまうため、顎が小さくなる傾向があります。顎が小さいと、その狭いスペースに歯を並べることになり、歯並びが悪くなってしまいます。

子供の歯はどのようにケアしていけばいいのか

なぜ子供の歯が虫歯になりやすいか、その理由や要因について説明してきました。

上記のようなデリケートな子供の歯を守るためには、まずは日々の歯磨きを丁寧に行うことです。寝る前の歯磨きは、特に念入りに行いましょう。子供の歯の磨き方は、歯科医院に指導を受けることをおすすめします。

食生活においては、おやつや間食などは、決められた時間と量を決め、飴やガム、グミなどだらだら食べてしまうお菓子は、口の中に砂糖が長く留まってしまうためなるべく避け、顎の成長と唾液分泌を増やすためにも、よく噛んで食べる食事に努めましょう。

日常生活においては、舌癖、ほおづえなど、後々歯並びに影響してくる行為をしていた場合は、指摘して治していきましょう。

最後に、日常生活での歯のケアの他にも、歯科医院への定期検診をおすすめします。