みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

削る虫歯の治療法はもう古い?削らず治す虫歯治療

削る虫歯の治療法はもう古い?削らず治す虫歯治療

虫歯は削らず治す、最新の治療法を紹介

 虫歯になったら削って直すのが一般的でした。しかし、歯を削るとさらに悪化してしまうケースがあります。今回は、削ると虫歯が悪化するメカニズムと、削らず治す虫歯の治療法を紹介していきます。

歯を削る治療で悪化してしまうケース

 これまで一般的な虫歯の治療法と言えば、虫歯になった部分の歯を削るというやり方でした。しかし従来のこの治療法は、虫歯を削り、詰め物をする際、歯と詰め物の間に必ずすき間がわずかに出来てしまいます。そのわずかなすき間や、詰め物をした際に使用した接着剤が劣化した部分で、虫歯が再発しやすくなってしまうのです。
 虫歯が再発すると、再びその部分の虫歯を削り詰め物を詰め直す治療の繰り返しをしていくと、詰め物をする箇所が徐々に大きくなっていき、最終的に歯を抜かざるを得なくなってしまうという悪循環に陥ってしまう可能性があります。

 また詰め物の中でも、銀歯を使うケースがよく見受けられることがありましたが、保険適用で使われている銀歯に含まれている「パラジウム」という金属成分が歯だけでなく、人体の健康にも影響を及ぼす可能性があると言われています。この事などからも、体全体の健康面からも、口内から金属を取り除いた方が良いという考え方が主流になりつつあります。

削らない虫歯治療法とは

 前項で紹介したような悪循環を防ぎ、なるべく自分の歯を残すために、最近では削る範囲を最小限に留める虫歯治療法が注目されています。

ドッグスベストセメント

 ドッグスベストセメント治療は、セメントに含まれる鉄と銅イオン、2つの殺菌力で虫歯菌を無菌化する治療法です。神経まで到達してしまった虫歯でも、歯を削ることなく治療ができる場合があります。そのため、深いところまで到達してしまった虫歯でも、神経を抜かずに治療することが出来る可能性があります。

レーザー治療法

 プラズマレーザー治療機器「ストリーク」と呼ばれる、特殊なチタン溶液から作り出される高温のプラズマ光球体で、他の歯を傷つけること無く、虫歯菌や歯周病菌を細かな箇所まで殺菌することが可能です。また、酸化チタン溶液と水の冷却効果で、痛みを感じることはほとんどないため、基本的に麻酔なしでの治療が可能です。

ヒールオゾン治療法

 塩素の約7倍と言われるオゾンの高い殺菌力を利用して、虫歯菌を殺菌する治療法です。
虫歯になっている箇所にオゾンを当てる、または歯全体を覆うマウスピースを装着後、口内をオゾンで充満させ歯全体の殺菌を行います。ドイツやアメリカなどで広く行われており、安全性も確立されている治療法で、治療時間が短く、痛みもありません。また、マウスピースを使った治療は、歯全体の虫歯や歯周病予防にもつながります。

これまで怖くて歯医者に行けなかった方へ

 今回は、これまでの削る虫歯治療に変わる、新しい虫歯治療法について取り上げてきました。どの治療法も「歯を極力削らない」「痛みを感じない」など、これまで一般的だった治療法とは対照的で、自分の歯を守りながら的確に虫歯の治療を行えるものです。今まで歯医者特有の音や、虫歯治療の時の痛みで、通院することが億劫になってた方は、これらの新しい治療法を試してみてはいかがでしょう?
 これらの治療法に興味を持った方は、お近くの歯科医院でこれらの治療法を取り入れているところへ問い合わせてみましょう。