みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

子供の歯科矯正の必要性について

子供の歯科矯正の必要性について

歯科矯正を迷っている親御さんへ

お子さんの歯並びや噛み合わせが悪いかもと感じたら、治してあげたいと思いますよね。でも、「歯科矯正はいつから始めたらいいのか?」「矯正治療はなぜ必要なのか?」など、分からなくて、迷っている方もいるかもしれません。今回は、なぜ子供の歯科矯正が必要なのか、その理由を伝えられたらと思います。

子供の矯正は予防的治療

最近は、やわらかい食べ物が多く、噛むことが少ない傾向にあり、あごが鍛えられなくなっています。あごが成長しづらい食生活をしているので、歯並びが悪くなるお子さんが増えているのです。また、ほおづえや指しゃぶりなどの習慣が歯並びを悪くするとも言われています。

歯並びが悪いと、歯磨きをしても磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病の原因になります。噛み合わせの悪さは、頭痛や腰痛、胃腸の調子を崩しやすいなど健康面に問題がでやすくなるとも言われています。また、歯並びの悪さがコンプレックスになるケースも多いようです。

子供の歯科矯正は、永久歯の生えそろう前に、永久歯の生えるスペースを作ってあげる予防的治療です。早いうちに治療を開始すると、あごの成長を生かして治療ができるので、理想的な治療を行うことができます。

1期治療と2期治療

子供の矯正治療は、1期治療と2期治療に分かれています。
1期治療は、乳歯が永久歯に生え替わる時期である6〜9歳くらいまでのお子さんを対象にしています。お子さんのもつ自然に成長しようとする力を利用して、あごの成長をコントロールし、上下のあごのズレを整えたり、あご全体を大きくしたりすることが目的です。

2期治療は、永久歯が生えそろった小学校高学年以降のお子さんが対象になります。歯を正しい位置に動かし、機能性に加え、審美性にも優れた正しい噛み合わせに導いていくことが目的になります。

矯正治療、最適な時期は?

子供の歯科矯正はいつから始めるのがいいのでしょうか?お子さん一人ひとり歯並びが違うため、その子のタイミングがあり、一概に何歳がいいとは言えません。

しかし、多くの場合は、乳歯から永久歯に生え替わる時期である7歳くらいが適しているのではないかと言われています。受け口(下顎前突)や前歯の噛み合わせが悪い(開咬)場合は、それより早めの5〜6歳頃が良いかもしれません。
乳歯から永久歯に生え替わるこの時期は、あごが大きく成長するため、矯正治療に必要な骨格のバランスを整えやすい時期でもあります。

まとめ

子供の歯科矯正は、永久歯の生えそろう前に、永久歯の生えるスペースを作ってあげる予防的治療です。お子さんの矯正治療開始の目安としては、乳歯から永久歯に生え替わる時期と考えられています。とはいえ、矯正治療を開始する時期には個人差がありますので、そのタイミングを逃さないためにも、まずはかかりつけの歯医者さんに相談して、目安を知っておくと良いでしょう。