みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

虫歯で歯を失ってしまった時の治療法

虫歯で歯を失ってしまった時の治療法

さまざまな治療法のメリット・デメリット

治療法

虫歯が進行し悪化すると、歯を失ってしまうことがあります。根本から歯を失ってしまった場合、入れ歯や差し歯を入れたり、残った歯を利用してブリッジをかけるなどして治療します。近年では、インプラントといって顎の骨に土台を作って人工歯根を埋める治療法も開発されています。

差し歯

差し歯による治療は、歯根が残っていることが条件となります。歯根に人工の歯を被せていく治療法です。

メリット

自分の歯を残し自分の歯で噛むことができ、歯根膜が残るため付け心地も自然です。治療法として比較されることの多いインプラントと異なり、手術する必要が無いため短期間で治療が完了し費用も安く済みます。

デメリット

デメリットとしては審美性の低さがあげられます。取り付ける差し歯の素材にもよりますが、保険の適用される素材のものであれば、経年により黄ばんできたり色素が沈着したりします。差し歯の素材によっては金属アレルギーの恐れもあります。

インプラント

歯が完全になくなっても、インプラントなら高い審美性を保ったまま、噛む力を落とすことなく治療することができます。

メリット

インプラントは、顎の骨に人工的な歯根であるインプラント体を埋め込む治療法です。顎に直接埋め込む方法であるため、他の歯への影響が少なく安定感も維持することができます。歯磨き、食事、会話、さまざまな口の動きを自分の歯と同じように快適に行うことができ、いわゆる「わずらわしさ」がありません。入れ歯やブリッジのように食べかすが口腔内に残ることもなく衛生的にも優れています。歯を欠損すると顔の輪郭が変化してしまう恐れもありますが、インプラントを実施することで骨の変形を防ぎ、咀嚼力や審美性も高く保つことができます。

デメリット

治療には手術を行います。顎の骨に埋め込んだインプラント体が歯槽骨と定着するまでには、3〜6カ月かかります。治療が完了するまでには、ある程度の期間が必要となります。保険も適用されないため、1本あたり数十万円と高額な治療費を負担しなければなりません。

入れ歯

歯を失ってしまった場合に入れ歯を入れることもあります。入れ歯のメリット、デメリットは。

メリット

入れ歯は、歯が何本なくなっていても、歯ぐきが痩せていても作れます。口腔内の型をとって作りますから、インプラントのように外科手術の必要もありません。そのため、保険が効くものであれば費用も安く、短期間で作ることができます。取り外しも自由で洗うこともできます。

デメリット

入れ歯を施すと、さまざまな不都合が生じます。異物を口の中に入れるため喋りにくくなるし、入れ歯と歯茎の間に食べかすなどが溜まって虫歯や口臭が起きやすくなります。残った歯を土台に異物をはめているだけなので、会話中や食事中などに突然外れることもあります。口を開いたときに金具が見え、審美的が高いとは言えません。金具のかかる歯に負担をかけるため周囲の歯を痛める恐れもあります。

ブリッジ

歯を欠損したままでいると、噛み合わせのバランスが崩れてきます。抜歯して歯根も残っていない部分にはブリッジを施します。

メリット

比較的簡単に治療を行うことができます。補綴物の素材を選べば、審美性も良好に保つことができます。

デメリット

両隣の歯を削らなければならないため、支えとなる歯への負担も大きく、支えている両隣の歯がだめになってしまいます。食べかすなどが残りやすく歯ブラシが届きにくいため、不衛生になり、虫歯や歯周病の恐れも高まります。

まとめ

歯を失った時の治療法にもさまざまな選択肢があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、どの治療法が適しているかについては人によって異なります。専門の歯科医と相談し、自分にとって最もふさわしい治療法を選びましょう。