みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

虫歯を放置したら治った?!痛みが軽減した理由

虫歯を放置したら治った?!痛みが軽減した理由

痛みがなくなっても、治ったわけではない

虫歯の痛みがあって歯医者さんに行こうと思いながら、忙しいからといって歯科受診を後回しにしている方は多いかもしれません。その後、いつの間にか痛みがなくなって「あ、良かった!」と思っている人もいることでしょう。でも、痛みがなくなったのは、残念ながら虫歯が治ったからではないのです。

虫歯の痛みがなくなった理由

虫歯による激痛を我慢していてしばらくすると、痛みを感じなくなることがあります。痛みを感じなくなったのは、からだが痛みに慣れたからでも、虫歯が治ったからでもありません。歯の内部に細菌が入り込んで神経が死んでしまったからなのです。

歯の神経が死んでしまうと

歯の神経の正式名称は「歯髄」といいます。歯髄には、歯に起こった異常を教えてくれる、歯を虫歯から守ってくれる、歯に栄養を運んでくれるという役割があります。でも、歯の神経が死んでしまうと、この大切な役割を果たせなくなります。

異常があってもわからない

歯の神経は虫歯ができると、冷たいものや熱いものが「しみる」というサインを送ってくれます。このサインは、わたしたちに虫歯であることを知らせてくれます。もし、神経が死んでしまったら、歯は痛みを感じないため、虫歯になっていても気づかず、どんどん進行してしまうでしょう。

防御作用が働かない

歯の神経は虫歯になると、虫歯が進行しないように進入路を塞いだり、歯を強化したり、象牙質を再生しようとする防御作用が働きます。しかし、神経が死んでしまった歯は防御作用が働かなくなり、細菌に感染しやすくなるのです。

歯に栄養が届かない

歯髄の中にある血管を通じて、水分や酸素、栄養などは歯へと運ばれます。そのおかげで丈夫な歯を作ることができるのです。神経が死んでしまうと、歯には水分も栄養も届きません。徐々に歯は茶色に変色してしまいます。

そのまま放置していると

虫歯はある程度進行してしまうと、どんどん悪化してしまいます。歯の激痛がいったん治まって(=歯の神経が死んでしまって)、歯科治療を受けないと、歯の根の先に膿がたまり、再び激しく痛み始めます。この状態になってしまうと歯を残すことが難しくなり、抜歯を行うことが多くなります。

歯を溶かし、神経を破壊した虫歯菌は、次にあごの骨を溶かし始めます。ここまでくると、炎症で顔が腫れたりするので、歯医者さんに駆け込むことになると思います。

早い段階で歯科受診を

虫歯は早い段階なら、簡単な治療ですみます。しかし、神経を抜かなければならない状態までくると、時間もお金もかかりますし、歯を失いかねません。もっとひどくなると、腐ったあごの骨を削る大手術をしなければならない場合もあります。

「少し歯がしみるな」と思ったら、虫歯の可能性が大きいので、おおごとになる前にかかりつけの歯医者さんに診てもらうことをオススメします。