みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯医者での歯周病の治療方法とは?

歯医者での歯周病の治療方法とは?

歯周病になってしまい歯医者での治療が必要になった方へ

今回は、歯医者での歯周病治療について紹介していきます。実際に歯医者では、どのような治療が行われるのか、一般的な治療費はいくらなのか、保険は適応されるのか、などについて解説していきます。

歯医者での治療方法は

歯周病などの違和感を感じ、歯科医院へ相談に行った場合、どのような治療が行われるのでしょうか?
歯周病治療は、「医療面接→検査→診断→基本治療→外科治療→メインテナンス」という流れで進められていきます。では、各治療の詳細について説明していきます。

基本治療

基本治療は、歯周病の進行度合いにかかわらず、最初に行われる治療です。原因となる歯垢、歯石の除去、グラグラする歯の噛み合わせの調整などの治療を行います。歯垢除去には、「スケーリング」と「ルートプレーニング」の二通りの方法を行います。

スケーリングは、歯の表面や歯の根の表面に付いている歯垢や歯石を、スケーラーという器機を使って取り除いていく方法です。
ルートプレーニングは、歯の表面がザラザラした状態、歯石で満たされている状態、毒素や微生物で汚染された表層を除去していく方法です。
この方法は、スケーリングと同時に行われることがよくあります。

外科治療

基本治療で、ポケットの深さが改善されずにポケット内で細菌が生殖し、ブラッシングなどで除去できない状態、歯周病の進行が進んでしまった状態、これらの状況に対し、ポケットの深さを減少させる外科治療を行います。

・フラップ手術
歯周病の治っていない場所の歯ぐきに部分麻酔をした後、その部分を切って開き、スケーラーの届かなかった部分の歯石や根の表面の汚れを取り除いていきます。施術後は切った部分を閉じて縫合していきます。(約1週間後に糸を抜きます)

・歯周組織再生治療
この治療法は、歯を支える骨などの歯周組織を再生させるための治療です。人工の特殊な膜「GTR膜」や歯が生えてくるときに重要な役割をするエナメルマトリックスタンパク質を用いて行います。しかし、歯周病の進行具合によって効果が期待できない場合があります。

メインテナンス

外科手術完了後も、歯周病菌は完全に0にならないため、放っておくとまた再発することがあります。それを防ぐために、メンテナンスで歯の周りの組織の状態を定期的にケアしていく必要があります。担当の医師と相談しながら、定期的なメンテナンスを決めていきましょう。

歯周病治療の費用について

歯周病治療は、保険適用されるモノから適応外の治療まで選択することが可能です。治療費に関して、各歯科医院によって多少の差があるようです。各費用の平均は以下のようになります。

・保険適応の場合
軽度:5.000円~10.000円
中度:1~5万円
重度:3~10万円

・保険適応外の場合
軽度:10.000~50.000円
中度:5~50万円
重度:20~300万円

まとめ

今回は、歯医者での歯周病治療の詳細からその費用について紹介してきました。歯に違和感を感じたらすぐに歯科医院へ相談に行くことをおすすめします。症状の発見が早ければ早いほど、治療時間と費用を抑えることが出来ます。