みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

口臭対策に良い食事の仕方と食べ物

口臭対策に良い食事の仕方と食べ物

口臭の原因と対策

人の放つ体臭の中でも、口臭はひどく嫌われるものの一つです。口臭の発生原因としては虫歯や歯周病などがあげられますが、胃や腸など内臓の不調が原因で発生することもあります。胃の調子が悪化すると胃酸が出にくくなり、未消化の食べ物が胃に溜まります。胃に滞留した食べ物からガスが発生し、口臭につながるのです。

口臭が発生する原因

口臭は、ドブの臭い、卵の腐った臭いなどひどい悪臭として知られます。原因にはさまざまなものがありますが、解消するには、胃腸の調子、食習慣などの発生原因を根本から改善しなければなりません。

胃腸が原因

口臭の発生原因として、胃腸の疾患もあげられます。胃炎、胃がん、逆流性食道炎などは、その原因となる病気として知られています。胃炎を発症した場合、胃酸が出にくくなり食べ物が胃に残ったまま腸ではなく胃で発酵を始めてしまいます。それが口まで上がり口臭となります。暴飲暴食、喫煙などは、胃炎の元にもなるので避けましょう。逆流性食道炎は、胃液が食道に逆流することで食道の粘膜が炎症を起こす症状です。胃液は強い酸を含んでいるので、酸っぱい匂いが口まで上がってきて口臭となります。多忙なため朝の食事を抜き、歯磨きしないことでも唾液の分泌が妨げられ、虫歯は発生しやすくなります。

唾液の分泌

口臭と食事は互いに関係しています。口臭の多くは、口の中の唾液の量が少なくなることが原因で発生しています。唾液には、口の中の雑菌の繁殖を抑える効果があります。歯磨きをしないなど、唾液が不足することで雑菌が増殖し、口臭は悪化します。胃腸の健康を守るためにも、暴飲暴食は避けよく噛んで食事をしましょう。噛むことで唾液の分泌をうながし、虫歯や歯周病を防止して口臭を防止するのです。意識して咀嚼回数を増やすほかにも、意図的に普段の食事に硬い食材を混ぜることで、噛む回数を増やすこともできます。

口臭の発生しない食べ方

唾液や胃酸の分泌も口臭に影響します。暴飲暴食などで一度にたくさん食べ過ぎると消化が遅れ、胃に負担がかかります。食べ物が喉に詰まり、胃酸の逆流を引き起こす原因にもなるでしょう。食事の際は早食いは避け、よく噛んで食べましょう。唾液の分泌と口臭予防を心がけるなら、食事を抜くようなことも避けましょう。空腹を感じると唾液の分泌が減るため、口臭の原因となります。

口臭の発生しない食べ物

噛む回数を増やすという意味でも、繊維質の多い食品を多くとることは効果的です。穀物や根菜類を多くとる和食は、噛む機会を増やし唾液の分泌を促します。咀嚼回数につながる野菜や海藻、カテキンの含まれるお茶、梅干しやレモンなどの酸も殺菌効果から口臭予防が期待できます。

ストレス

人間は緊張すると口の中が乾きます。唾液の分泌が減るからです。口内が乾くと雑菌が増えるため口臭が強くなります。自らをなるべくストレスのかからない環境に置くことも、口臭対策となります。

まとめ

口臭を防ぐには、規則正しく食事し歯磨きをして、口内と胃腸の調子を整えることが先決です。口臭には唾液の量が大きく関係するため、ストレスのかかりにくい環境でゆっくりよく噛んで食事することが効果的でしょう。家族や友人など大人数で楽しく食事すれば、時間をかけて食事するぶん、唾液の分泌も期待できます。口臭は、口の中だけでなく胃腸や精神的なコンディションも大きく関わっています。ストレスを避け、食事は規則正しく繊維質を多く含んだ野菜、海藻、根菜類を多くとりましょう。よく噛んで口内も胃腸も健康に保ち、唾液の分泌も豊富にすることで口臭予防に努めましょう。