みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

口臭の強さは時間や体調によって変わってくる?

口臭の強さは時間や体調によって変わってくる?

口臭の変化と体調の関係

1日における口臭の変化

 1日のなかでも口臭の強さは変化します。多くの場合、早朝の起床時の口臭は強く、食後の口臭は弱くなります。口臭には唾液の分泌量が大きく関係しています。睡眠中の口腔内は唾液の分泌が減少することで乾燥し、口臭の原因となる雑菌が増殖しやすい環境となっているからです。その結果、揮発性硫黄化合物(VSC)が発生し匂いへとつながります。食事すると大量の唾液が分泌されます。唾液が食べ物と一緒に口腔内の汚れを洗い流してくれるため、口臭は減少するのです。

口臭の強くなる時間

 起床時の強い口臭は、歯磨きや朝食を済ませることで一度弱まります。その後、昼食前や夕食前などの空腹時に向けて再び強まり、食事を済ませることで弱まります。口臭は、早朝の起床時に最も強くなりますから、朝食を抜く習慣にある方は、毎朝口臭の強いまま通勤通学しているかもしれません。口臭を抑えるという観点から言えば、朝食はしっかりとっていただくことをお勧めします。唾液の分泌をうながすためにも、流動食ではなくしっかり噛む食べ物で食事をとりましょう。

口臭の強くなる原因

 口臭の発生原因にはさまざまなものがありますが、主な原因として唾液の分泌量があげられます。空腹時や緊張時に唾液は減少するので、規則的に食事をとることも効果的です。不要な緊張を強いる場も避けましょう。その他、虫歯や口腔内の病気、胃腸の病気なども原因として考えられます。虫歯の原因となる歯周病菌には、タンパク質を分解して口臭の原因物質となる酵素を発生させるものがあります。体調をくずすことでも免疫力が低下し、原因菌は増加するでしょう。

口臭を強くしないための対策

 口臭の対策にもさまざまな方法があります。基本は、口腔内を清潔にし体全体の健康維持に努めるといったものです。

習慣上の対策

 口臭の強くなりやすい食べ物、ニンニク、肉類、コーヒーなどは、とりすぎると口臭が強くなるため適量に抑えましょう。口腔内を清潔に保ち、歯磨きを念入りに行い虫歯や歯周病を防いでください。健康な方でも、唾液の分泌量によって口臭は変化するので、口腔内が乾く原因となる生活習慣は、変えなくてはなりません。最も口臭の強い早朝の起床後は、歯磨きを行い歯と歯茎に刺激を与え、朝食をよく噛んでしっかりとりましょう。唾液の分泌を促進することで雑菌の増殖が抑えられ口臭を防ぐことができます。

グッズで対策

 口臭を抑えるためにさまざまな製品が市販されています。虫歯を予防するためのフロスや歯間ブラシも口臭予防につながるものです。舌の上にコケのように溜まる舌苔も口臭につながるので、専用の舌ブラシで直接磨き落とすのも効果的です。ドライマウスの人が唾液の分泌を増やすなら、ポリグルタミン酸が効果的です。納豆菌に多く含まれ、唾液の分泌量を倍以上にふやすとされています。さらに、マウスウォッシュで口内の殺菌を行ったり、口臭サプリなどで腸内環境の改善も考えるといいでしょう。

まとめ

 時間帯による口臭の増減は、唾液の分泌量に関与して変化していくものです。起床したらまず歯磨きをし、乾燥した口腔内の増加した雑菌を洗い流しましょう。規則正しく食事をとり空腹を避け、口腔内の乾燥につながるような食品は避けましょう。体調の悪化も口臭につながるので、睡眠と食事には気を使わなければなりません。口臭の予防も口臭を悪化させないための努力も、普段の健康維持に努めることが効果的に働いているのです。