みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯周病と糖尿病の関係性とは?

歯周病と糖尿病の関係性とは?

歯周病治療が糖尿病改善に繋がるその相互関係とは

歯周病は、糖尿病の合併症のひとつと言われています。糖尿病患者の中でも歯周病を持っている人も少なくありません。また、歯周病の治療をすることで血糖値が改善につながるという、歯周病と糖尿病の関係について紹介していきます。

歯周病と糖尿病それぞれの症状とは

・歯周病
歯周病は、歯磨きなどで取れきれなかった歯垢の中の細菌が歯肉に炎症を起こし、歯を支えている骨を溶かしていく病気です。自覚症状があまりないまま症状が進行し、歯のグラつき、口臭、歯茎の腫れや出血などの症状があった段階で初めて気づくことがほとんどです。また進行が進むと口の中だけでなく、体全体に悪影響を及ぼす可能性があります。

・糖尿病
糖尿病は、血糖値と呼ばれる血液中のブドウ糖の割合が多くなる病気です。一般的に食事をすると、一時的に血糖値は増えますが、すい臓から発されるインスリンと呼ばれるホルモンにより、ブドウ糖を体内に取り込み、エネルギーに換えてくれる働きをしてくれていることで、血糖値が一定の範囲内に収まっているのです。糖尿病になると、インスリンの量が少なくなってしまい、この一連の働きが弱まってしまいます。そうなると、体内の血糖値が上がり、糖尿病合併症とされている様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。歯周病もその合併症のひとつです。

歯周病と糖尿病の関係について

歯周病になると、歯周病菌から毒素が産生され、歯を支えている歯周組織などを破壊し最悪の場合歯が抜け落ちてしまいます。この細菌を攻撃するため、体内で炎症性の物質TNF-αの産生が促進されます。この物質は、インスリンの働きを低下してしまう「インスリン抵抗性」を上げてしまう一面があり、これが原因で血糖コントロールが悪化してしまい糖尿病悪化へとつながってしまいます。また、歯周病が原因で歯が抜け落ちてしまうと、固いものが食べれず柔らかいものばかりを食べてしまうなど、偏った食事になってしまい糖尿病の要因になってしまいます。

また糖尿病患者は、インスリンの働きが弱まってしまうことで血糖コントロールが不安定になり、体内血糖値が上がってしまいます。この糖分を好む歯周病菌が唾液を介して増殖しやすいことや免疫力の低下、血液循環の悪いことや歯肉の血管がもろく、傷が治りにくいことなどの理由から歯周病になりやすいと言われています。

まとめ 〜歯周病治療で糖尿病の改善につながる〜

歯周病と糖尿病の関係について解説していきました。このことから、歯周病を治療することが糖尿病の改善につながると言われています。歯周病は日頃の歯ブラシやデンタルフロス等を活用した口腔ケアが重要となってきます。また歯周病は「静かなる病」と呼ばれ、症状の進行に気づきにくいのが特徴です。自分ではなかなか気づきにくい症状の早期発見や、日頃のケアでは難しい歯石取りの施術を行ってもらいましょう。歯周病の予防や治療を行うことでインスリンの抵抗性が下がり、血糖コントロールも改善され糖尿病へのリスクも減らすことができます。

糖尿病、またその疑いがある方は、食生活などと共に歯のケアについても見直してみてはいかがでしょう?また、歯のグラつきや出血、口臭など、歯の違和感を感じたらそれは歯周病かもしれません。歯だけでなく体全体の健康のためにも、お近くの歯科医院への相談をおすすめします。