みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯周病の原因はカルシウム不足でも起こる?

歯周病の原因はカルシウム不足でも起こる?

歯周病とカルシウムの関係から予防法まで

歯周病とは

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯の周りの組織、(歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質)に、細菌による炎症が起こっている状態を指します。

歯周病の進行

炎症が歯肉に留まっている状態を「歯肉炎」と呼び、歯槽骨や歯根膜にまで広がっている状態を「歯周炎」と呼びます。歯と歯の境目のケアが行き届かないと、そこに多くの細菌が停滞して炎症を引き起こします。silent disease と言われるように、歯周病は腫れても殆どの場合、痛みを感じません。そのため放置してしまい、グラついた歯を抜かなければならないこともあります。最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病とカルシウム不足

歯周病の原因には、あごの骨の影響も考えられます。歯は、あごの骨を土台に支えられているため、骨が弱くなることで歯は不安定になります。骨はカルシウムを成分とし、カルシウムが不足するとあごの骨が薄くなります。歯周病は、カルシウム不足を原因とするあごの骨の退化からくるものです。

歯周病になるメカニズム

カルシウム不足を原因とする歯周病は、プラークとバイオフィルムの影響を大きく受けます。プラークとは細菌の塊で、わずか1ミリグラムの中に1億を超える細菌が住んでいます。細菌には善玉と悪玉が存在します。唾液成分の糖タンパクが皮膜を作り、その皮膜にくっついたミュータンス菌(むし歯菌)がショ糖を栄養分としてネバネバした物質を作ります。このネバネバした物質を使って棲み家となる場所をつくり、口の中の悪玉細菌の増殖が促進されます。悪玉の細菌が侵入して増殖するこの状態を「バイオフィルム」と呼びます。

歯周病を起こさないために

歯周病を防ぐために必要なことは、歯ブラシや規則正しい生活など、日常生活におけるごく基本的な心がけです。

歯ブラシ

丁寧な歯ブラシを心がけてください。原因となるプラークの除去が一番の歯周病対策で
す。鏡で確認しながら、歯と歯ぐきの間までしっかり汚れを落としましょう。

規則正しい食生活

規則正しい食事を心がけてください。食事の内容的にも、栄養バランスの良い、歯周組織に抵抗力をつける「タンパク質、カルシウム、鉄分、ビタミンA、C」などの摂取に努めましょう。糖のとりすぎはプラーク増殖につながりやすいので、お菓子や甘い飲み物をダラダラ摂取するのはやめましょう。唾液の分泌を妨げるなど、タバコも歯周病の悪化のもとですから、禁煙に努めましょう。定期的に歯科検診を受け、歯周病を含む口腔内の全体的なケアを行いましょう。歯周病など口の中のトラブルも、早期発見早期治療で悪化を防ぐことができます。さらに、歯石除去も定期的に行ってください。

まとめ

歯周病が悪化すると、口の中の悪性の細菌が血管を通して体中に周り、心臓血管疾患、脳梗塞、糖尿病の悪化、低体重児出産などの全身的な疾患につながることもあります。唾液に混ざった歯周病原性細菌が気道から気管支、肺へと入り、気管支炎、誤嚥性肺炎などの原因にもなります。肥満、メタボリックシンドロームとの関連性も指摘されています。歯周病を予防し、全身のさまざまな疾患を予防することで、健康な生活を送れるようにこころがけましょう。