みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

親知らずが引き起こすお口のトラブルとは?

親知らずが引き起こすお口のトラブルとは?

親知らずによって引き起こされるお口の様々なトラブルについて紹介

「親知らず」正式名称を「第三大臼歯」と言います。永久歯の中でも最後に発育する歯で、大人の奥歯の中で最も後ろ側にある歯のことです。親知らずは、10代前半〜20代前半に生える時期であることから、「親に知られず生えてくる歯」ということからこの名前がついたと言われています。今回は、そんな親知らずが引き起こす、お口のトラブルについて紹介します。

トラブルを起こしやすい親知らずの生え方

親知らずは、生え方に個人差があります。まっすぐ生えて噛み合わせに問題がなく、正常に機能している場合は抜歯する必要はありません。しかし以下に紹介する生え方に該当する場合、様々なトラブルの原因になるため、抜歯を検討することをおすすめします。

・水平または傾斜して生える
親知らずが生えるスペースがあまり無い場合、横向きや斜めに生えてきてしまいまい、隣の歯(第二大臼歯)を圧迫してしまう形になってしまいます。このような形で生えてしまった親知らずは、汚れがたまりやすく歯磨きも難しいため、虫歯になりやすい可能性があります。

・水平埋伏
あごの中で横向きになってしまい、さらに外に生えてこない状態の親知らずです。この状態は隣の歯の根っこを刺激し、鼻の根っこやその周りの骨を溶かしていしまう可能性があります。

親知らずが引き起こすトラブル

では、上記で紹介した正常な生え方にならなかった場合の親知らずは、どのようなトラブルを引き起こしてしまうのかを紹介していきます。

・虫歯や歯周病の原因になりやすい
親知らずが正常な生え方をしなかった場合、歯磨きなどの際、歯ブラシの毛先が奥まで届きにくく、歯垢を取り除くのが難しくなります。それが原因となり、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

また親知らずだけでなく、その手前の歯(第二大臼歯)との間に歯垢などの汚れがたまりやすくなっているため、その歯も巻き込まれてしまう可能性があります。

・歯肉周辺が腫れたり痛みを感じるようになる
斜めや横向きに生えてしまった親知らずと歯肉の間に、歯垢などの汚れが溜まりやすくなってしまいます。そこに溜まった汚れの中の細菌が炎症を起こし、腫れや痛みを伴うことがあります。これを「智歯周囲炎」と言います。

・歯並びに悪影響
親知らずが斜めや横向きに生えてきたことで、歯並びにおいて他の歯への悪影響を及ぼす可能性があります。

まとめ

「親知らず=抜歯」というイメージが強いですが、正常に生えていて歯並びや機能に問題がない場合は、抜歯の必要がないこともあります。しかし、斜めや横に生えてたり、埋まってしまった場合などは、後々のトラブルを回避するためにも、お近くの歯科医院へ親知らずの処置方法を相談してみましょう。