みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

放っておくと怖い虫歯と頭痛の関係!

放っておくと怖い虫歯と頭痛の関係!

虫歯によって引き起こされる頭痛のメカニズム

 虫歯による歯の痛みがある時に頭も痛くなった、という経験をされた方は多いのではないでしょうか。虫歯が原因で肩こりが起こることがあるように、虫歯と頭痛にも密接な関連があります。今回は、虫歯によって引き起こされる頭痛のメカニズムについて紹介していきたいと思います。

歯性上顎洞炎

 鼻の横から奥へと広がる副鼻腔のことを上顎洞と呼んでいます(蓄膿症で膿がたまるところです)。虫歯によって根の先が感染し、虫歯菌などが上顎洞に侵入することで炎症が起こる症状を歯性上顎洞炎といいます。上顎洞と上顎の歯は接近しているので、上顎の歯の神経治療を行った際に、歯の炎症原因になっているものが上顎洞に侵入すると、頬の痛みや頭痛を引き起こしやすくなるのです。

根管治療の失敗

 根管治療は、歯の根っこの治療、歯の神経を抜く治療といえばわかりやすいかもしれません。この根管治療において、根管内がきれいに掃除しきれず膿がたまっている状態であったり、掃除しきれていない状態で仮の蓋や被せ物をすることで圧がたまると、歯に強い痛みが出るとともに、ガンガン激しい頭痛を引き起こすことがあります。

緊張型頭痛

 左側の歯に虫歯があって痛いと、右側で噛みたくなりますよね。このような噛み方を続けていると、噛み合わせのバランスが悪くなります。噛み合わせの悪化が首こりや肩こりを引き起こし、頭痛につながるケースが度々みられます。

歯周病

 歯周病によって、腫れた歯ぐきから血管内に歯周病菌が侵入して血管を詰まらせたり、歯周病が原因で噛み合わせのバランスが崩れたりすると、頭痛を引き起こす場合があります。

脳静脈血栓症

 長い間虫歯を放置していると、虫歯菌が歯の表面を通り越して血管内に侵入することがあります。虫歯菌が血流にのって脳までたどりついた後、脳内の静脈に血栓をつくる場合があります。血栓ができることで脳内の血流が悪くなり、吐き気と刺すような頭痛を引き起こす可能性があります。脳静脈血栓症は、静脈性の脳梗塞や脳出血を誘発することがあり、最悪の場合死に至る怖い病気です。

まとめ

 虫歯などが原因で頭痛を起こす例として、歯性上顎洞炎・根管治療の失敗・緊張型頭痛・歯周病・脳静脈血栓症を挙げてみました。虫歯を放っておくと、虫歯菌はさまざまな場所に侵入し、その症状のひとつとして頭痛を起こすというメカニズムになります。

 歯痛や頭痛は日常生活の質を落としてしまいます。また、虫歯菌が血管内に入ってしまえば命の保証もありません。こうならないためにも、かかりつけの歯医者さんに定期的に歯を診てもらって、虫歯があったら治療してもらう、そんな習慣をつけていきましょう。