みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

自宅で虫歯の治療ができる「訪問歯科診療」とは?

自宅で虫歯の治療ができる「訪問歯科診療」とは?

訪問歯科診療とは何か、どのような診療を行うのか

歯科診療を受けたいにも関わらず、身体的な不自由から通院できない方がいます。訪問歯科診療は、そのような方のために歯科医師が自ら患者の自宅に診療に訪れるサービスのことを言います。

歯医者が患者を訪れる治療

身体に障害があったり病気を持っている人は、口腔ケアを行いたくても簡単に病院に行けません。訪問歯科診療を希望する患者は高齢の方に多く、治療の内容には入れ歯の相談なども含まれます。

治療の種類

自宅に訪れるのは、歯科医師、歯科衛生士などです。通常の歯科診療と同じように虫歯の治療が行われます。歯科診療の他には口腔ケア、リハビリテーションなどの介護も行います。高齢の患者さんが多いことからも入れ歯の作成、相談などもあります。自宅を訪問して診療することには利点もあり、普段の食生活や生活環境を観察した上で治療を進めることができます。

生活の充実

すでに多くの歯を失っていることも多く、噛んで飲み込む機能が衰えている高齢者にとって誤嚥性肺炎なども心配される点です。食べる楽しみを回復するためにも、口腔機能のリハビリテーションも行います。近年はQOLの観点から、食べることの楽しみを高めるための歯科治療が試みられています。虫歯を治すということだけでなく美味しく食べることを実現するための治療です。

依頼方法

ふだん診てもらう歯科医がある場合はそちらで訪問歯科診療を依頼してみます。その歯科医では対応できない場合は、他の医療機関を紹介してくれるでしょう。

訪問歯科診療の制度

日本歯科医師会は、患者がどのような状況にあっても歯科診療が行えるよう、都道府県や郡市区歯科医師会とともに制度の構築を進めていました。具体的には、要介護高齢者が在宅や施設で歯科診療が受けられるよう設けられた制度で、外来受診が必要な高齢者が治療を諦めないことを重要視しています。

地域ネットワーク

市町村など地域の行政機関ですでに訪問診療の制度が整備されていることも多いので、歯科医師、介護職の専門員などに相談することで訪問歯科診療が実現することが多くあります。2008年にスタートした後期高齢者医療制度で、在宅医療の充実が課題となりました。2013年には、社会保障制度改革国民会議の報告書でQOLを重視した「治し・支える医療」、地域包括ケアシステムの構築についての答申が出されました。

まとめ

歯の問題は食事という生活上大きな部分に不都合をもたらします。80歳以上の高齢者のうち20本以上の自分の歯を保有している人の割合は約20%にとどまります。在宅で療養中の高齢者は、口腔内の問題を抱えている例が多くあります。生活上のQOL改善も達成し、要介護高齢者の歯科ニーズに応えていく訪問歯科診療の需要は増すばかりです。