みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

高齢者になるとなぜ歯が抜けやすくなるの?

高齢者になるとなぜ歯が抜けやすくなるの?

高齢者の歯が抜けやすい理由と予防法

歯が抜ける原因

歯を失う主な原因は「虫歯」と「歯周病」です。高齢になるにつれ唾液の分泌量も減少し、虫歯の治療痕も増えてきます。青年期、壮年期にきちんと口の中のケアをしてこなかった場合、進行した虫歯や歯周病を原因として歯が抜けやすくなります。

高齢者の歯の特徴

高齢者の歯はさまざまな問題を抱えていることがあります。虫歯治療の痕も多く、多くの場合ところどころ抜け落ちています。唾液の分泌量は減少し、口腔内の自浄作用も低下しています。唾液には殺菌作用もあるため、唾液の量が減ることで虫歯が進行しやすくなるのです。治療を受けた歯は健康な歯に比べ歯並びが変わってしまうため、ブラッシングの際に歯と歯ぐきの間に歯ブラシの毛先が届きにくくなります。口腔内がドライマウスになっていることも多く、虫歯菌の繁殖しやすい環境となっています。

入れ歯の問題

虫歯などで抜けた歯が多くなると入れ歯を使用することもあります。入れ歯は、口腔内に長時間置くことで雑菌の繁殖しやすい環境を作ってしまいます。食べかすが残り唾液の分泌などの自浄作用も低下します。虫歯が悪化して抜歯せざるを得ない症状になることもあります。

食事と生活習慣

歯が抜けてしまわないように、虫歯を防ぐことも重要な対策です。栄養バランスの整った食事をして生活習慣を整え、歯科で定期的な検診を受けることで虫歯になる恐れを低下させることもできます。原因を取り除いて歯の抜けるリスクを抑えることも重要な対策です。

歯を守るためのセルフケア

歯が抜けないよう口の中を健康に保つ方法とは、虫歯や歯周病にならないことです。虫歯や歯周病を防ぐには規則正しい歯磨きなどの定期的なケアが必要となります。磨くときも強くゴシゴシ磨いてはいけません。歯ブラシの毛先が歯と歯茎の間に入るぐらいのところでやめておきましょう。歯間ブラシ、フロス、糸ようじなどを使い歯間にたまった汚れも落としましょう。噛み合わせの悪さが原因になることもあるので、改善して歯の負担を減らすようにします。

定期クリーニング

歯の健康を維持するために最も効果的な方法は、やはり専門の歯科医から定期クリーニングを受けることです。自分の歯に必要な治療を的確に施し、セルフケアについての今後の方針まで的確にアドバイスしてくれるはずです。

まとめ

自分の歯がたくさん残っているほど、健康寿命も長く保つことができます。歯を健康に保つことで、口内の細菌の発生を抑えることができます。口腔内の細菌が血管を通って全身に回り、病気になってしまうことも分かってきました。年齢を重ねることで歯が抜けるリスクも高くなりますが、健康のためにも歯は重要な役割を果たしています。定期的な歯磨きを行い歯科医の治療を受け口の中を清潔に保ちましょう。きちんと対策すればより多くの歯を残すことも可能となるのです。