みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

子供の虫歯治療での麻酔使用は安全?

子供の虫歯治療での麻酔使用は安全?

麻酔の必要な状況や安全性を紹介

 治療を嫌がるお子様に対して、麻酔で痛みを和らげながら治療を進める局面があると思います。麻酔を使用することに不安を感じる親御さんもいらっしゃると思います。今回はそんな麻酔の必要な状況や安全性などについて紹介していきます。

麻酔が必要となってくる虫歯治療のレベル

 虫歯治療において、歯の一番外側のエナメル質と、歯の内側の層の象牙質の境界以上まで虫歯が進行してしまった場合、麻酔を使用した治療が必要となります。歯は、内側の象牙質から痛みを感じるようになるため、麻酔が必要となってきます。この他に、神経への過剰な刺激を防ぎ、歯肉からの出血を抑えるために使用する場合があります。また、痛みに対して強い不安があり治療が進めにくい場合、希望により麻酔を使用してから安心して治療を行う場合もあります。

 逆に、まだ虫歯が小さく、歯の外側のエナメル質で留まっている程度の場合は、麻酔を使う必要がありません。

麻酔の成分と安全性

 子供の虫歯治療でよく使われている麻酔には、麻酔成分が含まれた「リドカイン」、血管収縮薬「アドレナリン」が入っています。アドレナリンで、麻酔をした周辺の血管を収縮させて、麻酔効果を得ることができます

 歯科治療での麻酔は局所麻酔と呼ばれる、顎の一部分に麻酔をかけ、治療の間だけ痛みを感じないようにする麻酔です。局所麻酔は、アレルギーなどが起こりにくい安全性が高い治療法です。

麻酔を使用した治療後に気をつけること

 麻酔を使用しての歯科治療後は以下のことに気をつけてください。

  • 麻酔をした側の方でモノを食べたり、噛んだりしないようにしましょう。
  • 麻酔が効いている部分は痛みがないので、ほっぺたを噛まないようにしましょう。
  • 唇まで麻酔が効いていることが多いので、唇を噛まないように気をつけましょう。
  • ほっぺたや唇まで麻酔が効いているとうまく口が動かせないため、食べ物や飲み物が誤って口からこぼれ落ちることがあるので気をつけましょう。
  • 麻酔の効果が切れ始めると、歯茎周辺に違和感を感じるようになってくるので、手で触ったりしてしまうことがあります。それが原因で歯茎を傷つけることがあるので気をつけましょう。

まとめ

 子どもの虫歯治療における、麻酔の使用について解説してきました。子どもの虫歯治療は、大人よりも大変です。なるべくならば、短い時間で、麻酔を使わず治療を行えれば、お子さんや親御さんのストレスもかなり減ると思われます。そのためには、日頃からのセルフケアと定期検診が重要になってきます。麻酔を使った治療を行わなければいけなくならないよう、ちょっとがんばってみましょう。