みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

妊婦さんは虫歯になりやすい?

妊婦さんは虫歯になりやすい?

なぜ妊娠中の女性は虫歯が増えやすくなるのか?

今回は妊娠中の女性がなぜ虫歯になりやすいのかの、原因や予防、治療の際の注意すべき点を紹介していきます。そのまま放っておくと、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性があります。

妊娠中に虫歯になりやすい原因

妊娠中の女性は、さまざまな面で変化が現れます。その中でも、「虫歯になりやすくなる」というモノがあります。これは、妊娠中に女性ホルモンが大幅に増えることなどと関係があると考えられています。

・唾液の分泌量が減る
ホルモンバランスが変化することで、唾液の分泌量が減ってしまいます。それにより、口の中がネバついたり、乾きやすい状態になります。コレが虫歯の原因となる細菌を増加させやすい環境になりやすいのです。

・妊娠期間中の食の変化
妊娠中は、虫歯の原因となる甘いものや酸っぱいものを好んで食べる傾向にあります。またつわり中、食事の回数が不定期になりがちになることで、口の中が酸性に傾きやすくなり、歯が溶けやすい環境になります。

・つわりの影響による歯磨きが困難に
つわり中は、口の中に歯ブラシを入れるだけで気持ち悪くなることがあります。そのため、歯磨きをすること自体が厳しくなってしまい、口の中に磨き残しが増えることで、虫歯菌増殖の原因となります。

・免疫力の低下
妊娠中は、免疫力が低下してしまいます。そのため、細菌に対抗できなくなるため、口の中に細菌が増殖し、虫歯になりやすくなってしまいます。

妊娠中に虫歯治療をする場合

妊娠中の女性が虫歯の治療を行うことは可能です。妊娠初期は体調が変化しやすく、口にモノが入るだけでも気持ち悪くなってしまうなどの可能性もあるため、妊娠5〜8ヶ月の安定期に入ると、虫歯の治療を行うことが出来ます。

治療前に医師に妊娠第何週目かを伝えましょう。「座席を倒しすぎず、楽な体制で治療が受けやすくする」「体調を崩した際に、すぐトイレに行けるよう声をかけてくれる」などの配慮をしてもらえます。

お腹の中の赤ちゃんへの影響は大丈夫か

虫歯治療の際、気になるのが、お腹の中の赤ちゃんへの影響だと思います。

・麻酔
虫歯治療で使われる麻酔は、局所麻酔です。部分的に効く麻酔なので、お腹の赤ちゃんにまで届くことはありません。歯科治療では「キシロカイン」と言われる薬を使用しており、これは無痛分娩にも用いられています。そのため安定期での治療の場合は問題なく使用できます。

・レントゲン
虫歯の箇所を詳細に確認するために、レントゲン撮影を行うことがあります。撮影の際、被爆を避けるためのエプロンを着用し、撮影箇所も口に限定しているため、影響はありません。

・薬の服用
妊娠中にたくさん薬を飲むことは問題ですが、痛みを我慢するストレスも赤ちゃんにはよくありません。鎮痛剤の中には、妊婦さんが安心して飲めるやさしいものもありますので、歯科医師と相談してみましょう。

妊娠中の虫歯予防の対策法

妊娠中は虫歯になりやすい状態にあります。妊娠初期は、口に何かが入ると吐き気を催すことがあり、十分な歯磨きができず、口の中に虫歯菌が増殖しやすい環境になってしまいます。時に、吐いてしまうことで、口の中が酸性に傾いてしまうことも、虫歯になりやすい原因になります。

そんな虫歯になりやすいけれども、歯磨きがなかなか難しいこの時期は

・体調の良い時に歯磨きをする

・デンタルフロスの使用

・前かがみを意識して、掻き出すように歯を磨く

・食後には必ず口をゆすぐ

・キシリトールガムを噛む

・味の強い歯磨き粉を使用しない、もしくは歯磨き粉をつけない

このような対策で、虫歯対策をしてみましょう。