みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

入れ歯は口臭になりやすい?

入れ歯は口臭になりやすい?

入れ歯での口臭の原因とお手入れ方法

お子さんやお孫さんから「お口くさい」と言われたら、かなりショックですよね。入れ歯をしてから、口臭が気になりだしたという方は多くいらっしゃいます。今回は、入れ歯特有の口臭の原因と入れ歯のお手入れ方法、注意点について紹介していきたいと思います。

お口の中の環境が悪化して発する口臭

入れ歯をしている方の多くは、お口の中の環境がいい状態とはいえません。歯垢や虫歯菌、腐った歯、腐った神経などが原因の、一般的な口臭になりやすい傾向にあります。

入れ歯を支えている歯の汚れ

部分入れ歯では、自分の歯を使用して金属(クラスプ)をひっかけています。クラスプのかかった歯は、他の歯に比べてどうしても汚れがつきやすくなります。また、クラスプが原因で唾液による自浄作用が不十分になりがちで歯に汚れが残るので、口臭が出やすくなります。

入れ歯の洗浄が不十分

一般的な入れ歯は、人工歯と粘膜の上にのる床の素材がプラスチック(レジン)で出来ています。プラスチックは水分を吸収しやすく、やわらかくて傷つきやすい素材です。なので、プラスチック素材の入れ歯は汚れが付着しやすく、この汚れが臭いの原因になります。また、目ではなかなか見えない細かい気泡がいっぱいあるため、細菌が入り込んで繁殖し、臭いの原因となることもあります。

入れ歯にヒビ

入れ歯にヒビが入っていると、その部分に食べかすがたまりやすくなります。ヒビの部分が細菌の温床になり、臭いの原因になりやすいです。

咀嚼の衰え

咀嚼の機能が衰えると、バランスのよい噛み合わせになっていないことがあります。噛み合わせがよくない状態で咀嚼すると、一定の部分に食べかすがたまりやすくなり、入れ歯の洗浄が不十分だと細菌がたまり、臭いの原因になるのです。

入れ歯のまわりのお手入れ方法

クラスプのかかっている歯は歯ブラシを横から入れて、小さく動かしながら丁寧に磨きましょう。入れ歯の内面に接する歯肉などの粘膜も清掃することを忘れずに。

入れ歯のお手入れ方法

毎食後、入れ歯を外して流水下で清掃します。小さい入れ歯でも、必ず外して掃除してくださいね。まず、洗面器などに水をはり、落として破損することや排水口に流してしまうことを防ぎます。

ブラシは入れ歯用を使います。ゴシゴシと力を入れすぎないようにしてください。特に、歯肉に接する内面の部分を磨きすぎるとすき間ができてしまうので注意しましょう。

汚れが残りやすい、歯と歯の間や内側のくぼみ、クラスプの部分は特に丁寧に磨きましょう。

就寝前は、ブラシを使って流水下で清掃した後、ぬるま湯に歯洗浄剤を入れて、入れ歯を浸漬します。入れ歯洗浄剤を使用することで、ブラシでは落としきれない汚れやガンジダ菌などの真菌や細菌を除去できます。

入れ歯を装着する前、ブラシで浮き上がった汚れや入れ歯洗浄剤を洗い流しましょう。

注意点

入れ歯洗浄剤の浸漬時間は使用方法に従いましょう。入れ歯を浸漬する場合は必ずぬるま湯で。熱湯だと、入れ歯が変形する場合があります。就寝時に入れ歯を装着するかどうかは、かかりつけの歯医者さんの指示に従ってくださいね。

入れ歯になると、どうしても口臭になりやすくなります。でも、毎日のお手入れで、入れ歯や残っている歯、粘膜を清潔に保つことは可能です。毎日のお手入れ+かかりつけの歯医者さんでの定期検診で、入れ歯になっても口臭のない快適な毎日を送りましょう。