みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

虫歯の放置で起こる「顎骨炎(がっこつえん)」

放っておくと命の危険を伴う顎骨炎(がっこつえん)について

 虫歯を放置すると、体に様々な悪影響を及ぼす可能性があります。今回はその中でも「顎骨炎(がっこつえん)」についての紹介です。あまり聞き馴染みのない名前ですが、放っておくと命の危険を伴う可能性のある症状についての解説していきます。

顎骨炎とは

 顎骨炎とは、虫歯が原因となる感染症です。虫歯が歯根の周囲にまで進行し、根尖歯周炎、歯周病、智歯周囲炎などの炎症で細菌が顎骨まで広がったものです。その他に顎骨骨髄炎、顎骨骨膜炎、蜂巣炎など、炎症の部位の広がり方によって病名が変わってきます。

 虫歯から感染が広がっていくケースが主ですが、その他に

  • 抜歯後細菌感染
  • 歯周病の炎症
  • 親知らず周辺の炎症

などから顎骨へと広がっていくケースもあります。

顎骨炎の主な症状

 顎骨炎を発症すると以下のような症状が見られます。

  • 原因となっている歯の痛み、噛んだときの痛みやその周辺の歯に痛みが出てきます。
  • 顎の周りが熱を持ち始め、赤く腫れ上がります。
  • 顎下のリンパ節が腫れてきます。それが更に進むと、体全体にダルさを感じるようになり発熱を起こして食欲が落ち、倦怠感が強くなってきます。
  • あごの骨の内部に炎症がある骨髄炎の場合、下唇の麻痺することがあります。
  • 炎症の原因が奥歯の場合、つばを飲み込んだだけで痛みを感じることがあります。

 またここからさらに症状が進行し重症化してしまうと、上顎の場合は目や脳ほうへ、下顎の場合は舌の下や扁桃のまわり、首から前胸部にまで広がってしまいます。それが原因で敗血症を起こし、命の危険にかかわることがあります。

顎骨炎の治療法

 顎骨炎になってしまった場合、その原因となっている菌に有効な抗菌薬の投与をできるだけ早く行うことが重要になってきます。一般的に原因菌は病原性が低く、抗菌薬がよく効くものが多いため、早めの処置を行えば重症化することがあまりありません。また、もし膿瘍と呼ばれる膿のたまりができている場合、歯茎を切開し、膿を積極的に出していく処置を行っていきます。

まとめ

 以上が顎骨炎の症状から治療までの紹介でした。この症状にならないために大切なことは、「虫歯を放置しないこと」です。この他にも虫歯を治療せず放置しておくと、歯にとどまらず、体中に影響を及ぼす可能性が出てきます。ときには命の危険にかかわることがあります。歯に違和感を感じたら、かかりつけの歯科医院への相談をおすすめします。また、なるべく虫歯にならないための日頃からの歯のケアをしっかりと行っていきましょう。