みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

保険が適用できる歯科治療について

保険が適用できる歯科治療について

保険が適応される治療とそうでない治療

歯の治療は、治療方法によって保険が適用できるものとできないものがあります。できることならば保険を適応させて治療費を安くすませたいという方から、適応外の治療でしっかりと健康な歯を維持していきたいと思う方まで、様々な意見があると思います。今回は保険が適応される歯科治療から、そうでない治療ではどんなことが可能なのかなど、その違いなどについて説明していきます。

保険適応内の治療は?

保険が適応される治療の場合、治療費は3割負担となり、安い費用で治療を受けることが可能です。また治療費は全国一律なため、全国どこの歯科医院でも同じ費用で治療を受けることができます。しかし、治療方法や使う材料、治療にかけられる時間に制限があるなど、細かな決まりごとがあるため、それ以上の治療を行うことができず、決してベストとは言えない治療になってしまうというデメリットがあります。

ちなみに、保険適応内での治療を行った場合、虫歯で削った部分を埋める詰め物や被せ物に、白いプラスチック素材や銀色の金属素材のモノを使用します。どちらも低価格で済みますが、見た目や強度の点で難があり、ある程度の期間で作り直さなくてはいけません。また金属素材は、金属アレルギーがある場合、使用できないことがあります。

保険適応外の治療は?

この場合、治療費の3割負担ではなく、全額自費負担となります。そのため治療費が高額になってしまうというデメリットがあります。また治療費は各歯科医院が自由に決めることができるため、歯科医院によって値段はマチマチです。そのためこの治療を希望する方は、治療前に一度、各歯科医院に問い合わせで確認することをおすすめします。保険適応外治療とは違い、細かいルールが無いため、最新の治療法や高性能な材質のモノを使うことができます。また、治療にかける時間にも制限が無いため、しっかりと時間をかけて丁寧に治療を行うことが可能となるので、保険適応の治療よりもベストな治療を行うことできるというメリットがあります。

保険適応外治療の場合、虫歯治療の際に使われる詰め物や被せ物には、セラミックや金素材、ジルコニアなど、金属アレルギーの心配が少ない安全で強度の高いモノが使われます。

この他に、

・歯並びを矯正する「歯科矯正治療」
・歯周組織再生療法、インプラントなどの最新治療
・歯の審美を得るためのホワイトニング治療
・保険適応外の歯科検査

など、保険適応内ではできない高度な治療を受けることができます。

まとめ

歯科治療における、保険適応内治療と保険適応外治療、それぞれの違いについて紹介しました。どちらの治療を選択するにしても、せっかく治療をして治した歯を健康に維持するためには、日頃のケアが大切になってきます。毎日の歯磨き、デンタルフロスなどを使ったケアと、また定期検診での歯の状態のチェックを行い、治療した歯の健康状態を長く維持して行きましょう。