みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

インプラントでも口臭が…インプラント周囲炎って?

インプラント周囲炎の原因と予防法

 安心・安全で自分の歯と同じように噛むことができるメリットの多いインプラント。でも、日々のメンテナンスを怠るとインプラント周囲炎を発症してしまいます。今回は、このインプラント周囲炎の原因や症状、予防法を伝えていきたいと思います。

インプラント周囲炎とは

 インプラント周囲炎は、文字通り、インプラントをしている歯の周囲に起こる炎症のことです。インプラントの歯は虫歯になることはありません。しかし、歯茎などのインプラントを支える組織がプラーク(歯垢)や歯石により、細菌感染を起こすことによって歯茎に炎症が起こり、歯周病になってしまうのです。

 インプラント治療で美しい歯を手に入れたのに、最近、口臭が気になっている方、いませんか? もしかしたら、インプラント周囲炎かもしれませんよ。

インプラント周囲炎の原因

 細菌のかたまりであるプラークや歯石により、歯茎が細菌感染して炎症を起こしてしまうインプラント周囲炎。進行すると、インプラントを支えるあごの骨まで炎症を起こし、インプラントが脱落してしまう可能性さえあります。このインプラント周囲炎、実は、全身性の疾患や生活習慣とも関連しています。

糖尿病

 糖尿病を患っていると血糖値が高いことから免疫力が下がり、感染症のリスクが高まります。インプラント手術をした後、切開した場所から細菌が入り込み、炎症を起こす危険性が高まってしまいます。また、傷口の治りも遅いため、インプラントが骨結合しにくく、インプラント周囲炎を起こしやすくなるのです。

喫煙

 タバコに含まれる一酸化炭素は血管からの酸素や栄養の供給を妨げ、ニコチンは血管を収縮させるため血行を悪くします。タバコを吸うと術後の回復が遅くなり、骨結合にも悪い影響を与えることから、喫煙はインプラント周囲炎の発症リスクを高めます。

メンテナンスを怠る

 日々のお手入れや歯医者さんでの定期的なメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎の発症リスクが高まり、進行も早まります。インプラントは、天然の歯に比べて炎症への抵抗力が低いです。また、自覚症状も出にくいため、気づいた時にはかなり進行している場合も多いので注意しましょう。

インプラント周囲炎の症状

 インプラント周囲炎の症状として、口臭や出血、膿の他、痛みや腫れなどもみられます。また、インプラントと歯茎の溝が深くなったり、歯茎が痩せてしまうこともあります。症状が進行していくと、歯が抜け落ちるということもみられます。

 さらに、増殖した病原体が歯茎の血管を通じて血液中に流れ込むと、糖尿病、心臓病、動脈硬化、呼吸器系の病気などの発症や進行に影響を与えるともいわれています。

インプラント周囲炎の予防法

 インプラント周囲炎を予防するためには、やはり日々の歯磨きなどのセルフケアが大切になります。プラークをできる限り取り除き、お口の中の清潔を保つようにしましょう。

 また、かかりつけの歯医者さんでの定期的な歯の点検、クリーニング、噛み合わせのチェックなど、メンテナンスも忘れずに。

 インプラント治療で取り戻した美しい歯を大切にしてくださいね。