みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

甘い物は虫歯になりやすい?

甘い食べ物による虫歯のできるメカニズム

食べ物によっては歯に良くないものもあります。虫歯になりやすい食べ物とそれらを摂取した時に虫歯になるメカニズムなどの紹介します。

甘い食べ物は虫歯になりやすい?

虫歯は、口の中のミュータンス菌が糖質を栄養源にプラークを形成し、発生する酸が歯の表面を溶かすことで起きる病気です。

口の中の酸

原因が糖であるからといって甘い食べ物に限定するというわけではありませんが、口の中が酸性に傾くため甘いものを食べれば虫歯になりやすくなります。特に、ダラダラと長い時間口の中に甘い食べ物が入った状態だと、虫歯になる危険性が高くなります。甘くない食べ物でも虫歯にはなります。しかし、甘い食べ物であれば虫歯になる危険性はさらに高くなると言えるでしょう。

虫歯になる甘い食べもの

甘いもの、糖にもさまざまなものがあります。すべての糖が同じように虫歯になりやすいというわけではありません。最も虫歯になりやすい糖は「ショ糖(砂糖)」です。次いで果物に含まれる「果糖」など。ブドウ糖や水飴、麦芽糖なども虫歯の原因になります。キシリトールやステビアなどは、同じ糖でも虫歯になりにくいとされています。キシリトールの場合は虫歯を抑える働きさえあると言われています。

虫歯のできるメカニズム

虫歯は、口の中の虫歯菌であるミュータンス菌が、食べかすなどから発生する糖質を栄養源に増殖し、その結果、ネバネバしたグルカンという物質を作ります。粘着性の強いグルカンにはたくさんの細菌が付着し、大きなかたまりになっていきます。このかたまりをプラークと呼びます。プラークの内部では糖を分解し代謝を行います。この結果「酸」が発生します。虫歯は、この酸が歯の表面のカルシウムを溶かし、歯からカルシウムやリンが溶け出すことで発生する病気です。

虫歯になりやすい食べ物

虫歯になりやすい食べ物は、甘いもの、口の中に残って歯に付きやすいもの、酸の強いものなどです。食べ物には「う蝕誘発指数(CPI)」というものがあり、これは、プラークの出来やすさ、酸の発生しやすさ、食事中の歯への影響、食後の歯への影響など、4つの要素から求められるものです。キャラメル、キャンデー、あんこ、ガムなど、甘くて粘着性の高いものに高い数値があてられていますから、甘いものがどれだけ長い時間口の中にとどまるかという点が虫歯に大きく関係しているようです。

虫歯になるまで

食べ物によって虫歯になりやすさが決まることは確かですが、もともとの歯の状態、口の中の状態も虫歯の発生に大きく関係しています。普段から歯磨きを規則正しく行ない、歯並びもよく虫歯菌も少なく酸性値の低い口の中なら、少しぐらい歯磨きが遅れたり甘いものを食べてしまっても簡単に虫歯になるというわけではないでしょう。しかし、口の中を普段からケアしない人で、歯並びも悪くミュータンス菌が潜在的に多い人、虫歯の治療痕の多い人だと、簡単に虫歯になってしまいます。口内環境は虫歯の発生に大きく関わってきますから、歯並びが悪かったり今までにたくさんの歯を虫歯で治療した痕を持っている人は、甘いものを食べることに関わらず人一倍歯磨きなどのケアに励まなければならないでしょう。

まとめ

甘いものだから虫歯になりやすいというわけではなく、分解して糖を発生するなら食べ物は何でも虫歯になる危険性を持っています。しかし、甘い食べ物は酸を発生しやすく口の中に残って虫歯菌の増殖を進める特徴を持っています。ph値を酸性に傾け虫歯になりやすい条件を整えてしまいます。その点で甘い食べ物が虫歯になりやすいことは確かです。栄養の補給やストレスの解消など、甘い食べ物は必要です。だからこそ、入念な口内ケアが必要であり、最終的な相談相手として歯医者は重要な役割を果たしてくれるはずです。