みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

口臭の予防のための唾液を増やす方法

口臭予防のために唾液を増やす方法

口臭は、唾液の減少でも発生します。口臭を予防するための唾液を増やす方法をご紹介します。

口臭の起こる原因

口臭は、本人や周囲の人が不快に感じる呼気の臭いのことです。虫歯や緊張などを原因とし、唾液の分泌が減少すると臭いは悪化します。

唾液と口臭の関係

口臭を防ぐには、口の中を清潔に保って虫歯を予防し、常に十分な唾液で潤しておくことが必要です。口臭の発生する原因のなかでも、大きな要素となるのが唾液の分泌です。口の中の食べかすなどを栄養として虫歯や歯周病の原因であるプラークが発生すると、硫化水素やメチルメルカプタンなどの揮発性硫黄化合物が発生します。

唾液の修復機能

口臭は口の中の細菌を主な原因とします。唾液には、細菌を殺菌し増殖を抑える働きがあります。酸を中和しpHをコントロールし、傷んだ粘膜を保護する働きも唾液にはあります。口の中が唾液で十分に潤っていると、細菌は唾液に洗い流されます。一方、唾液が少なくなると細菌の増殖が早まり、口臭が発生しやすくなりのです。

唾液を増やす方法

唾液の分泌を増やすには、ゆっくりよく噛んで食べたり、規則正しく歯磨きをしたりするなど、口や口の周りの筋肉を動かして活性化させることも有効です。

生活習慣

精神的なストレスを感じることでも唾液は減少しますから、ストレスのない生活を送ることも唾液の分泌を増やす要素となるでしょう。虫歯になったり虫歯で神経治療などを行うと唾液の分泌を妨げる原因にもなるので、お口の健康には特に注意する必要があります。十分な水分を取り口呼吸を避け、口の中の乾燥は避けましょう。運動して自律神経を活性化し酸味のある食べ物を摂取するなど、唾液の分泌を増やすには普段の生活から心がけなければならないことがたくさんあります。

歯磨きの方法

口臭予防に有効な歯磨きは、磨き方次第で唾液の効果を弱めてしまいかねません。食後すぐ歯磨きするといった従来の習慣は、本来、食事直後で十分に潤った、殺菌効果を持つ唾液を洗い流してしまいます。

心理的要因

 緊張状態など、心理的な負荷を負うことでも唾液の量は異なってきます。

交感神経

唾液腺は緊張時に交感神経に支配され、粘液性の唾液が少量分泌されるだけです。リラックスした副交感神経のもとにあるとき、サラサラの唾液が分泌されますから口の中もサラサラと唾液で十分に潤った状態になります。

嗜好品を控える

唾液の分泌を抑えてしまう原因の一つにタバコがあります。ニコチンは唾液の分泌を抑えてしまうので、虫歯や口臭の予防には悪影響があるでしょう。コーヒーは利尿作用が強いので、排尿を原因として水分が不足し唾液が少なくなることもあります。

まとめ

口臭予防のために唾液は重要な働きをします。唾液を意図的に増やす以上に、分泌を抑えてしまう習慣を控える方が効果的かもしれません。口臭で周囲に迷惑をかけてしまわないためにも、歯磨きなど歯周病予防も含めた、普段からの生活習慣に気をつけましょう。